« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月22日 (木)

行ってきます

Photo さくら吹雪の白い花びらが降る中、リュウキンカ、ムスカリ、忘れな草、桜草、、、と、ほとんど世話らしいお世話もしてないのに、けなげにうちの庭で咲いてくれる春の花たち。

そして、翔のお墓のスミレもいま満開。

            ****

朝の列車で東京へ。戻るのは月曜の夜。

クッキングハウスでは、何人もの思いがけない方が聞きにきてくださるようで、ちいさなティールームがいっぱいになりそう。今からわくわく&どきどき。

              ****

21世紀美術館のミュージアムショップさんに、ほめシャワの最初のお届けは3月24日だった。毎週追加のご注文をいただき、明日の納品で6回目。と言っても、私はもうそのころ特急はくたかの中なので、まあさんが代わっていってくれる。連休中もなるべく品切れにならないようにしますね。

「ほめ言葉のシャワー」のご購入についてはコチラ

ただし、留守中はメールのチェックができないので、お返事が遅くなること、また、「ほめシャワ」の発送も遅れること、どうかお許しください。

その他のお取扱店さんについてはコチラをご覧下さいね。

|

2010年4月19日 (月)

東京へ出前のお知らせ

Photo 22日木曜日に東京へ。もう夜行寝台の「ほくりく」がなくなってしまったので、昼間の旅です。

          ***

翌4月23日(金)は、これで6回目になるクッキングハウスへのお話の出前。毎回、松浦さんからリクエストのご注文があって、今回は、

     「ほめシャワーのプレゼント 春風にのって」

       @ティールーム(第1クッキングハウス)1:30~4:00 

お昼を、調布のクッキングハウスのレストランでいただいてから、歩いてティールームへ。ティータイムにお茶とケーキつきで、1000円。「ほめシャワ」の歌、♪贈りものの言葉、も聴いてくださいね。

お問い合わせとお申し込みは tel:042-484-4103

夜ごはん&交流会は5:00~8:00 レストランのハッピーアワーでごいっしょに。

                 *****

4月24日(土)は、

練馬にあるキャンディケイト、という雑貨のお店で、ときどき「はなすことからはじめよう」という集いをしている五十嵐さんのよびかけで、ワークショップの出前にうかがうことに。

ほめ言葉のシャワーとコミュニケーションワークショップの出前

  @練馬にある、冷えとりと雑貨のお店、キャンディケイト

2:00~5:00 参加費 2500円 お茶とお菓子つき。15名まで。

放課後は一品もちより夕ご飯 温かいスープつき 500円。

 お申し込みは、キャンディケイトの長澤さんまで。tel:03-3904-7734。場所は練馬区高野台駅徒歩7分。http://www.candykate.com/

まだお会いしたことのない長澤さんだけど、紅茶3部作の本たちや「ほめシャワ」の冊子もお店にもうおいてくださっている。

                   ***

23日、24日、調布か練馬でお会いできたら、うれしいです。

                    *****

4月25日は、スーザン・オズボーンさんの六本木でのワークショップに参加する。年に数回しか上京しない私なのに、なんというシンクロだろう!迷わず申し込んだ。

去年の4月、石川ではじめてスーザンさんのヴォイス・ワークショップを受けたこと、私にはとてもおおきな意味をもたらしてくれたみたいに思えるので、そのこと、どうしてもスーザンさんに直接伝えたくて。

               **

 ほめ言葉のシャワーのご購入についてはコチラ

  お取扱店さんについてはコチラをご覧下さいませ。

|

希望

ここにくるのはどのくらいぶり!

4月2日に、mai worksの書き込みがあって以来なので、わたしからはもっともっとのご無沙汰です。

津幡町の町長選挙、それと平行して、半年ぶりのいのみら通信書き、大急ぎの通信発送作業、たまっていたほめシャワ発送。

終えてカレンダー見たら今日は月曜日、もう今週の木曜には東京に行くのだった!と今になって焦っている。

                    *****

4月11日の投票日。

選挙前と選挙中、町のひとたちからの今までにない熱い反応や、たしかな手ごたえを感じて、この町の新しい歴史をみんなでつくれるのかも!と胸ふくらませていたのだけど、結果は大差、でした。

選挙前にまかれた差出人不明の怪文書(そんなものをまかねばならなかったことが、まず情けない)や、中傷、デマ、あらぬ噂の数々。それを信じた人も、信じ込まされた人も、少なからずいたのだろう。

少し日がたつと、今回の選挙を巡る、実にいろんな、信じがたいような話も聞こえてきた。

あらためて、町が変わってほしいと願う人たちの期待を一心に背負って、巨大な相手に立ち向かってくれたさっちゃんの勇気を、想った。そして、さまざまな圧力や卑劣な脅し、嫌がらせにもひるまずに、顔をあげて、さっちゃんを最後まで応援し続けてくれた、町のひとたちの勇気を、想った。

義理でなく、しがらみでなく、命じられてでなく、個人の損得でなく、彼女の名前を投票用紙に書いたひとたち。あるひとは堂々と、あるひとは見張られているかとおびえながら、それでも書いた、一票いっぴょうの重み。

               ***

選挙後、さっちゃんを訪ねたある若いひとが、こう言ったそうだ。

「投票結果が出るその瞬間まで、夢と希望をもつことができました」

そして、そのひとの中の希望は、また生まれてきているそうだ。

その言葉こそが、希望なのかもしれないね。

                  ******

選挙前、選挙中と、さっちゃんと私たちを応援してくださったたくさんのみなさま、こんどう和也さん(去年の夏の衆院選で国会議員になった近藤さんも、誠心誠意、応援にかけつけてくださった)、本当にありがとうございました。

|

2010年4月 2日 (金)

三省堂書店・大丸札幌店さん

ほめシャワを置いてくださるお店が、またひとつ増えました。

なんと、三省堂書店・大丸札幌店さん

  〒060-0005
  北海道札幌市中央区北五条西4-7 大丸札幌店8F
  011-222-4650
  10:00-22:00

まさかまさか、このちいさな冊子が

百貨店さんの本棚に並ぶ日がくるなんてねぇ……(しみじみ)

本当に有り難いことです。

とりあえずの期間のテスト販売ということですが、

札幌の方、もし見かけられた際には、

パラパラとめくってみていただけたら嬉しく思います。

mai works

----------------------------------------------------------------

 ほめ言葉のシャワーのご購入についてはコチラ

  お取扱店さんについてはコチラをご覧下さいませ。

|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »