« 衆議院TV | トップページ | 6月のお知らせまとめて。 »

2010年5月20日 (木)

Qちゃんのとくべつ授業

Photo 川越紅茶のごくはじめからの仲間のひとり、そして長いこと、広告の仕事をしてきて今はNPOで広報の仕事をしてる、Qちゃんをゲストにお迎えしてのとくべつ紅茶。

いのみら通信でよびかけたタイトルは、「Qちゃんと一緒に、自分のロゴマークをつくろう」といったものだったので、Qちゃん、who?!ロゴマーク、何それ?!と思った人が多かったらしい。とくべつ紅茶の日の10日前まで、申し込み人数はたったの3人。あらま、、、(ちょっと汗)。

当のQちゃんは、スウさんとマンツーマンでも、それで十分っ、なんて言ってくれてて。

個人的には、私もそれで十分、うれしいはうれしい。
だけどね、Qちゃんの話これまで何度か聴いてて、Qちゃんワールドが抜群におもしろくて、いっぱい気づけて、考えさせてくれる内容だってこと知ってるし、紅茶仲間にも出逢ってほしいひとだと感じてたから、ひとりじめしちゃもったいない、って思ったんだ。

で、ふたをあけたら、川越紅茶仲間3人をふくむ、19人もの参加で、3時間はあっという間、めっちゃ中味の濃い、大笑いしながら、とってもユニークな授業をうけた感覚。

             ****

「伝える」と「伝わる」。
そしてもひとつ、「伝わってしまう」ということ。

たしかに、時には、むしろ意識してないそっちのほうがずっと雄弁に、伝わってしまってるってこと、ある、ある。
伝えようとしてなくても、その表情や、そのひとのかもす空気や、その場の空気が、言葉よりも明確なメッセージを伝えてしまってる。その空気は、嘘をつかない。
そういわれて、私にも思いあたる、たくさんの場面があった。空気には、その人の内面やその場の内面が、とても正直に反映されちゃうものみたいだ。これまでも漠然とおもってたけど、今回、すごく納得した。

            ***

Photo_2 伝える、ということがずっと仕事のQちゃんだけに、生きてきた中で出逢ったいくつかの大事な言葉は、いまもQちゃんの根っこんとこにある人生のキーワードだ。聴いてた人じゃないとその意味がすぐには伝わらないと思うけど、私自身の覚書のためにいくつか記録しておく。

Qちゃんが、ミッションの学校に通ってたころ言われていた言葉、
「あなたの見えないひとを覚えなさい」。

アメリカの黒人のおうちにホームステイさせてもらってて、日本に帰るとき見送ってくれた彼らが言ったこと。
そしてボートピープルのひとからも同じ言葉を聞いた。
「伝えてね、伝えてね」「伝えられるひとは幸せよ」。

日本に帰ってから見たCMの言葉、
「君がいないと みんなさびしがるよ」。
「だまってるひとは、しゃべっている」。

他にも、Qちゃん授業で心に残ったたくさんの言葉たち。
    ↓
・宛名のないラブレターは届かない。
 たったひとりの、あのひとに届くように。
・ひとりの困ったを、みんなの困った、に。
 ひとりの幸せを、みんなの幸せに。そのためには、ひたすら聴く。
・上から目線はやらされ感。伝える側がえらそうになっていないか。
 説得では伝わらない、「納得」してもらうこと。
・「~のために」ではなく、「ともに」をいかに伝えていくか。
・ひとの心と心がぎゅっと握手したとき、伝わる。そんなふうに伝わったときに、ひとは動く。
・自分でもできることは自分でしないで、助けて、と言ってみる。すなわち、「助けて」コミュニケーション。それが、新しく入ってくるひとの力を引き出す。

「伝える」ときに、忘れちゃならない5つのDon!
1Don! どんなひとから
2Don! どんなひとへ
3Don! どんな点を ← 訴求ポイント、と呼ぶ。どんな回路のドアなら、そのひとは開くだろう。
4Don! どんな時に
5Don! どんな手段で ← 単独でなく、なるべくまぜこぜで。
そして、広告の世界にはない、
もうひとつのDon!は、どんなひとと。← つくっていく途中を見てもらう、そして、ひとに手をかけてもらう。自分たちだけで完成させちゃわない。

この5+1Don!は、Qちゃんの仕事である、広報講座に出てくる言葉だけど、それに限らず、ミニコミであれ、チラシ一枚であれ、そして何より、ひととのコミュニケーションにも、いかせるキモチと技だと思ったな。、

              ****

会議をするときには、その場の空気がとてもたいせつ。Qちゃんのいるところでは、さいたま市長をまじえての会議のとき、おおきなみかんのかぶりものを、市長さん自身に頭にかぶってもらって進めるのだという。なずけて、「かぶりケーション」、それをかぶって、きもちの背広を脱いでもらって、本音に近いとこでのコミュニケーションをする。(ちなみにこの日の紅茶では、全員がそれをかぶって、自己紹介しました。めっちゃ、おかしかったです!)

Photo_2 そして、とくべつ紅茶の最後にそれぞれが自分のロゴマークをつくった。20ちかく描いたなかで、これがこの日の私のお気に入りロゴマーク。紅茶と「う」は、横にしてみると「S」ってとこが、ミソで。          ***

Qちゃん、紅茶での授業、ほんとにいい時間!ありがとうありがとう。
空気の大切さ、怖さ、をとっても感じたよ。伝わってしまう、ということ、こちらが無意識であっても。
ひとがそれぞれ出している、かもしている空気、偽善の空気じゃすぐみやぶられちゃうんだ。
川越紅茶のジュン子さん、あゆみさん、ひでこさん、紅茶にようこそ。生徒さん全員にも、ありがとう。

|

« 衆議院TV | トップページ | 6月のお知らせまとめて。 »