« アジサイと栴檀と | トップページ | 風が通る、ということ »

2010年6月20日 (日)

伯方島にて

8年ぶりの伯方島。

以前は越智(おち)郡、今は合併して今治市にはいった伯方だけれど、島のおんなのひとたちの、懐のおっきさ、きもちのオープンさは、8年前と変わらない。あのときとまったく同じように、島の外からはじめて参加するひとたちを、ようこそようこそ、ランチタイムからどうぞご一緒に、と迎え入れて。

おかげで、広島や松山、名前をおぼえきれない瀬戸内海の島々、そして2日後にうかがう尾道、などからみえたひとたちとも一緒のテーブルで、手づくりの鯛めし、自分で採ったという海藻・フノリのサラダ、細い筍のハチクと新じゃがの煮物、瀬戸内海の海で捕れた魚のカルパッチョ、などなど、もうこれだけで来た甲斐じゅうぶん。お話する前の緊張もゆるゆるほどけていった。

仕掛け人のみみさんとのおつきあいは、かれこれ36年になる。たしか私の初めての単行本「セントラルパークの詩(うた)」を読んで、お便りくれたのだったと思う。

みみさんはずうっと少女のハートを持ち続けてる不思議なひと。人形劇団「ほぴ」の、脚本もかき、演出もし、人形遣いもして、劇団仲間と島や尾道で公演したりしてる。8年前の伯方の出逢いがきっかけでつながった広島のひとは、その人形劇も見にきたりしてるそうだ。

伯方島の女性たちと、島の外からのひとたちと。その輪が、今回の伯方島紅茶でさらにひろがっていきそうだ。私もいつか、島のはしご紅茶?をしに来たりして。

Photo みみんちの外犬。瞳が、うちの翔にそっくりでおもわずシャッターを切った。みみんちのうち犬は、3匹。うち猫も4匹いたかしらん。

そのうちの2匹は、こんなふうでした。Photo_2

|

« アジサイと栴檀と | トップページ | 風が通る、ということ »