« 燕へ | トップページ | ぶんぶん石川ミーティング »

2010年7月12日 (月)

muroさんの日曜日とHashigo cafeさん

6月はあまりに出前続きの日々だったので、7月になったら、ゆっくり家族で紀州あたりへ温泉旅行 ―― なんて計画してたけど、どっこい、そうはとんやがおろさず。

Photo_3 それでも、はじめから予定していた紀の国、桃山町のcafe muroさんには、家族でお寄りすることができた。
お休みの日のほうがゆっくりできるので、と定休日の日曜日にもかかわらず、muroママさんが、テーブルいっぱい、私たちに心づくしのお昼を用意してくださってた。

具だくさんのおからもカリカリじゃこのせ豆腐も、茶粥も水ナスも、もやしとにらといろいろ野菜のおひたしも、どれもこれも超!おいしく。

Photo 前に伺ったのは、muroさんでカメリアーノさんが個展をひらいてる最中の、去年12月。そのときの風景とまったくちがう、ゆたかな緑。なにしろ、桃の町だけあって、道中、桃の木だらけ、桃の実だらけ。

そして、muroさんのお庭もベランダからの長めも、きもちがやさしくなる色とりどり緑がいっぱい。このお世話だけでもさぞかしお手間だろうに、と感心する。

Photo_2 ← ベランダから手にふれるほどの、栗の実赤ちゃん、まだ花の名残りの茶色いのをくっつけたまま。

畳敷きキッズルームでの、ほんの少人数でのミニミニ紅茶の時間。おしゃべりしてたら時間はあっという間。
夕方から、前回も行ったハシゴカフェさんへ、muroママさんも一緒に。

          *****

車のなかで、muroママと二人紅茶しながら、cefe muroさんで出前紅茶できるかどうかの話をする。
そう、いつかきっとここへ出前にうかがいたい、って思ってた。muroママがお正月に金沢に里帰りしたとき津幡まで逢いにきてくれて、このカフェを開こうと決心した時のきもちを聴いて、それ以来、ずっと思ってたこと。

車を降りるときには、ほぼ、日にちも決定。11月21日の日曜日、紅茶の時間 in cafe muroさん。前日は、京都のあゆみ助産院さんへの出前が決まっているので、その翌日、京都から電車に乗って和歌山へ行くことに。

              ****

和歌山内原にある、ハシゴカフェさん。ひろびろ~とした不思議空間、おしゃれな雑貨、作家さんたちの作品が並ぶギャラリー、すわって店内を眺めてるだけでもゆったりしたきもちになれるカフェ。

タカコ店長さんは、muroママさんからプレゼントされて「ほめシャワ」のこと知ってくださってたのだけど、この日、思いきってお願いしたところ、喜んでおいてくださるとのこと。muroさんと同じく、このお店も娘の大すきな憧れのカフェだったので、もうそれはそれはうれしそう。

カメリアーノさん→muroさん→ハシゴさん、こんなふうに、ひとの糸がつながっていくことに、ほんとに感謝。

                  ***

紅茶なきもちのブログはのんびりしてるけど、muroさんは早速7月5日のブログに、書いてくださってる。

http://cafemuro.blog64.fc2.com/ 

その中にあった言葉に、うん!とおおきくうなずく。ほんとにその通り。
muroママさんwrote:
     ↓

「ほめ言葉」が広がる結果、スウさん達の本来の気持ち(意味合い)とは裏腹に、受け取り側の解釈で、一人歩きしてしまった「ほめ言葉」(ほめれば成績が上がるとか・・・売り上げが上がるとか・・・)
そんな本来の気持ちと、ちょっと違っているボタンのかけ違いを、かけなおせるようにスウさんは、今、全国に「出張出前中」。

                 ***

ハシゴカフェさんも、素早い!5日のブログにすてきに書いてくださってます。
http://blog.livedoor.jp/hashigocafe/

|

« 燕へ | トップページ | ぶんぶん石川ミーティング »