« 原始林さんこと、げん&こりんちゃんの器展 | トップページ | 木のおもちゃ チッタさん &月光荘さん続き »

2010年10月31日 (日)

川の流れの底のたったひとつの石

Photo 原始林窯展に、東京からとどいた野の草花。贈り主は、きやさん。私とげん&こりんさんとの出逢いを間接的につくってくれたひと。

31年前、はじめての金沢展を寺町の喫茶店でひらいたげん・こりんさん。その場所を紹介したのが、当時、タウン誌「おあしす」の編集室にいたきやさん。そのタウン誌にエッセイを書いてた私、そのころは寺町に近い泉野に住んでいて、その喫茶店には原稿用紙もちこみでよく行ってた。もちろんまだ娘も生まれてないころ。

その喫茶店に、二人の器が並んでいたんだ。きのう、こりんちゃんが年を計算して、それが31年前だったと判明。
それからのおつきあいが、今もこうして続いてるのは、げん・こりんさんと、私たちと、ふた夫婦の人生にそれぞれいろんなことがあったけど、その中でも大事にしてきた変わらないものが、 “川の流れの底のたったひとつの石”のようにあったおかげかな、と夕べしみじみ。

               ****

原始林窯さんに2年ぶりに会う懐かしい顔、初めての顔。
懐かしい人たちは、この2年間無事に過ごせたことを互いによろこびあい、今の自分のきもちも話し(放し)ながら、1つ、二つ、とお皿を予約し、初めての人たちは、え~~、そんなわがままな注文、ほんとに聞いてもらえるんですか、と驚きながら、世界にひとつきりの器やお皿の予約注文をし。

わがままな注文の見本として、翔とマーガリンを描いてもらったお皿も並べていたら、それをご注文くださる方が、3人も。
クッキングハウスの松浦さん(ちょうどこの日、津幡町でお仕事。ギャラリーopen前にちょこっとみえて)、五郎さん、そして、母子で翔とマガが大々好きなMさん。
201010 このお皿の真ん中に、小鳥のかわりに、ちいちゃく、翔とマガを描いてもらいます。

翔もマガも、こんなふうにずっと愛してもらえること、それぞれのおうちに住まわせてもらえること、なんてなんて幸せな犬猫たち!
そして、その注文をひきうけるげん・こりんさんにとって、そのことがまた、手間ひまかかる、なんともうれしい、幸せのしごと。

きのうご予約の品々の大部分は年内中に紅茶にまとめて届けられそう、とのことです。

                 ****

原始林窯展@紅茶ギャラリーは、今日31日、夕方まで。どうぞお越しくださいませ。

|

« 原始林さんこと、げん&こりんちゃんの器展 | トップページ | 木のおもちゃ チッタさん &月光荘さん続き »