« もうすぐ原始林窯@紅茶ギャラリー     そして11月の紅茶のおしらせなど。 | トップページ | 川の流れの底のたったひとつの石 »

2010年10月30日 (土)

原始林さんこと、げん&こりんちゃんの器展

Photo 宇ノ気のお蕎麦やさんにいったら、ほめシャワがあった!と紅茶にきたひとが。はい、そこは亀屋さん。おともだちです。そして、ほめシャワもレジの横においてくださっている。

その亀屋さんでせいろを頼むと、原始林窯のそばちょこと小皿とそばつゆいれでだしてくれる。
4年前の原始林窯展@紅茶ギャラリーにきてくれた亀屋さんが、たくさんご注文くださったのだった。

             ****

昨日29日夕方、580キロほどの道を走って(たぶん因島から津幡よりすこし遠いくらい)、栃木からはるばるきてくれたげん&こりんちゃん。そこから搬入にはいって、7時ごろには、あったかい夕ご飯をふた夫婦で囲んだ。

この日、今年はじめての火がストーブにはいった。これは最初にいれた薪からの炎が、美しくダンスしてるところ。Photo_2

今日30日は10:00~夜8:00まで、明日31日は10:00~夕方まで、紅茶ギャラリーがopenしてます。げん&こりんちゃんの暮らしの器と、お二人にどうぞ会いにいらしてください。今年で5回目、一年おきにひらいてるので、なんと10年目になる!

今回の展もまた、一人ひとりのわがままな注文をきいてくれる原始林窯展。
この大きさのお皿で、私にはリンドウの絵柄を描いて。うちの犬を描いたお皿をつくってください。このお茶碗の底のところに、丸まってる猫がいるのでお願いします、などなど。

なので、お持ち帰りできる器より、ご注文ご予約でお待ちいただくもののほうが、今回もずっと多くなるとおもいますが、それもまた、原始林窯ふう。お待ちいただく時間も楽しんでくださいませ。

|

« もうすぐ原始林窯@紅茶ギャラリー     そして11月の紅茶のおしらせなど。 | トップページ | 川の流れの底のたったひとつの石 »