« 1月という月 | トップページ | 部屋のなかの虹 »

2011年1月25日 (火)

東京クラブランナーズ*ライブ

Photo_2 いよいよ近づいてきたコンサートのお知らせです。

東京クラブランナーズ トーク&ライブ 
2月5日(土)午後1:30〜  (開場1:00)


@津幡町の県森林公園*インフォメーションセンター内わくわく森林ハウス
参加費 大人 1000円 
小中高生、障がいのある人、介助の人 500円


白山市の中学2年生、川崎草汰くん
筋ジストロフィーで車椅子の渡辺さん
クッキングハウスメンバーの吉岡さん
この不思議な組合わせの3人が、東京クラブランナーズ。
「クラブ」って、実はカニのこと。
東京の二人が、冬のカニを食べたくて毎年この季節、石川にやってくるのです。

クラブランナーズの県内ライブも今年で10年目、河北では初のコンサート。
この3人ならではのオリジナルソング、森をバックに歌います、語ります。

車椅子の渡辺さんを持ち上げる場面を歌った「おみこしになって」や、
「愛しのシビンちゃん」、「銀色のランナー」。
吉岡さんがメンバーのクッキングハウス、不思議なレストランのテーマソング。
憲法をうたった笠木透さん作詞の「なぜ」、
そしてもちろん、クラブランナーズのテーマ「どこまでも一緒に」など。
一つ一つの歌に、それぞれの物語があります。
草汰くん作曲の歌が4曲もありますよ。お楽しみに!!

  ♪「ハンディキャップという名の 帽子をかぶって
    明るく生きる クラブランナーズ
    どこまでも一緒に 走っていこうよ」
(渡辺さん作詞、草汰くん作曲の「どこまでも一緒に」より)

応援団は、お父さんもメンバーの、フォークグループ、でえげっさあ。
そして、とびいり応援で東京から、よしだよしこさん。

真冬の森のコンサートへ、どうぞ、エイヤッ!とおでかけください。
今、ここを生きる3人に、どうぞ会いに来てください。

               ****

会場のわくわく森林ハウスへの行き方は、
金沢から(または、能登から)、小矢部/高岡に向かう津幡北バイパスの、「緑が丘交差点」を森林公園方面に左折して約1キロ。
インフォメーションセンターの案内板にしたがって、加茂口を右折しておいで下さい。

コンサートのお問い合わせや切符のご予約は、
水野まで telephone 076−288−6092
または e-mail : sue-miz★nifty.com (★を@にかえて、メールしてくださいね)

|

« 1月という月 | トップページ | 部屋のなかの虹 »