« 生中継 福島原発で起きていること | トップページ | 広河さん、森住さんのお話 »

2011年3月14日 (月)

何か出来ること

11日のあの瞬間から、一体どれだけの時がたったのか、長いのか短いのか、時間の感覚が異常になってしまったけど、いまはただ、とてつもなく長く感じる。

流れてくる映像や刻々変わる情報から恐ろしくて目が離せず、でも同時に、この映像も情報も、被災地のかたたちは見れない、届かないことが多いのだ、ということに思い至る。
撮られている人の映像は、通常の生活している人は見れるけど、そのご本人は見れないのだ。

福島原発の現場では、今が今も、原発の中で大量に被曝しながら、文字通り、いのちがけで作業しておられる方たちがいる。それを思うと胸がつぶれそうだ。

東北のかたたち、どんなに不安な思いでいらっしゃることか。何かできることはないかと思い、以下の募金の送り先をお知らせします。

            ↓

AMDA 

AMDAとは、The Association of Medical Doctors of Asia(設立時の名称:アジア医師連絡協議会)の頭文字をとったもの。医師、看護士さんたちからなる、信頼できるNGOです。

AMDAでは、医療チームを派遣することを決定し、13日までにすでに第3次の派遣、11名の医療関係者を現地に。
具体的には災害弱者となりがちな高齢者を中心に医療活動を行う予定

郵便振替:口座番号01250-2-40709 口座名は「特定非営利活動法人アムダ」
*通信欄に「131」もしくは「東北地方太平洋沖地震」とご記入下さい。

もう一つ、こういうところも。

震災がつなぐ全国ネットワーク

阪神・淡路大震災のNGOが全国のネットワークを通じて被災地に向けて行動を行っています。非常に長期化、複雑化することが考えられます。移動費、人件費、諸活動費に、ぜひご協力ください。

口座名は「  震災がつなぐ全国ネットワーク 」 郵便振替01180-6-68556 
*通信欄に「東北地方地震」とお書きください、とのことです。

                ******

静岡在住で、石川にも時どき住んでる馬場利子さんから、こんなメールももらいました。ご協力できるかたはどうかお願いいたします。文中の要望書の中味は、プラムフィールドのHPから読むことができます。

          ↓

静岡県には浜岡原発があり、福島原発の話は決してひとごとではありません。石川の能登には志賀原発、お隣の福井県にはいくつもの原発があるので、その意味では日本中のどこにいようと、ひとごとではないこと。

静岡からのメールです。

  ↓

3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震では、
今だに被害の全体像がつかめないまま、被災した多くの方々が苦しんでいらっしゃる事態に対し、少しでも不安や苦痛が和らぎますよう、日々、祈っております。

本日、皆様にメールをお送りしますのは、今回の地震で起こった福島原発事故を受けて、
『予想される東海地震の震源域で運転されている浜岡原子力発電所の運転の停止を願う要望書』への賛同のお願いです。

要望書は、静岡県知事と中部電力社長宛に書きました。

要望書は、すべて個人名の連名で届けたいと思います。
世界中からの賛同をお待ちしています。

賛同いただけます方は、plumfield9905@yahoo.co.jp (提出事務局 プラムフィールド)まで、『要望書に賛同という件名で 住所と氏名』を返信ください。

(お預かりしたアドレス、お名前は要望書の提出以外には使用いたしません)

要望書を 3月17日(木)または18日(金)に届ける予定ですので、
賛同のお返事は 3月17日朝、7時までにお願いします。

この胸の痛む災害をきっかけに、私たちの願いを届ける事により、
日本の原子力政策が転換されるよう、出来る限りの行動をしたいと思います。

引き続き、来週には、内閣総理大臣、資源エネルギー庁長官などへの要望書を送ります。
この件につきましては、プラムフィールドHP
をご覧下さい。

          *******馬場さんからのメールここまで******

 

|

« 生中継 福島原発で起きていること | トップページ | 広河さん、森住さんのお話 »