« 広河さん、森住さんのお話 | トップページ | 原子力資料情報室より »

2011年3月15日 (火)

かまたさんのブログ

昨日夜に、福島原発2号機の燃料棒が全部出ている、というあまりにおそろしいニュースが飛びこんできた。
めっちゃとんでもないことが立て続けにおこると、こわすぎて感覚が麻痺していく。
ほんとはものすごいことなのに!!
2号機に関する、深夜の東電の会見は全く意味不明。テレビに出てる専門家の話もわけわからない。
そして、あっと思い出した。諏訪中央病院の鎌田みのるさんのこと。
チェルノブイリやイラクの医療支援をずっと続けてこられたお医者さん。

かまたみのるさんのブログ 

もう、毎日毎日、ずっと原発事故のこと、書きつづけておられます。
鎌田さんも、原発事故後最初の雨に、どうかぬれないで、と書いてらっしゃる。
とろろ昆布やわかめを食べて、とも。放射性ヨウ素で甲状腺が満たされる前に。
もう何十年もいのちの側にたって原発の危険性を長年うったえてきた原子力資料情報室とも、しっかりつながって情報を共有してらっしゃる。

どうぞ鎌田さんのブログをよんでください、何も知らずにいて、これ以上のヒバクシャをふやさないためにも。
国の情報をうのみにするのでなく、いのちの側から発信される情報を、私たちもいっぱい共有して生きていきたいから。

                      ****

若い友だちからのメール。彼女の学生時代の仲間の一人が、福島原発に勤務していて中央制御室で働いている、とのこと。いのちをかけて。ああ、、、。

|

« 広河さん、森住さんのお話 | トップページ | 原子力資料情報室より »