« 種を蒔く | トップページ | 当たり前の奇跡 »

2011年3月17日 (木)

長崎の祐幸さん

半日留守にして戻ったら、たくさんメールが届いてた。

そのなかに、懐かしい藤田ゆうこうさんの動く映像が、鹿児島のMさんから送られて来てた。もと、慶応の物理の先生。私はゆうこうさんのお話を聴いたことではじめて、原発ってどういうものなのか、気づかせてもらった気がする。

珠洲の海にもどれだけ一緒に行ったろう。翔と珠洲のキャンプ場で出逢った19年前の夏も、一緒でした。

今は長崎に住んでるゆうこうさん、短いニュース映像だけど、大事なこと、本質的なこと、端的に言葉にしてくださってる。

「原発があれば労働者が被ばくし
事故があれば住民が被ばくする」と。
      ↓ 
3月16日の、TV長崎で。

藤田祐幸さんのコメント 
 

              ****

鎌田みのるさんは、毎日毎日、ブログで原発事故のことを。

チェルノブイリ、イラクの子どもたちの医療支援をずっとつづけてらした鎌田さんとJCF(日本チェルノブイリ連帯基金)で、このような支援もはじまるとのこと。

           ↓ 

JCFでは、東北関東大震災で被災し、さらに福島原発の周囲で二重三重の被害に遭っている地域を支援していきます。募金をいただける方は、こちらまでお願いいたします。
 
郵便振替口座番号  00560-5-43020
加入者名      日本チェルノブイリ連帯基金
連絡欄      福島原発震災被災者支援寄付
 
連絡欄に「福島原発震災被災者支援への寄付」であることを明記してください。
 
ネットや他銀行のATMから振り込む場合は以下の情報が必要です。
 
他金融機関からの振り込用口座番号
059(ゼロゴキュウ)店(059)当座 0043020
 
JCFの電話番号は0263-46-4218

|

« 種を蒔く | トップページ | 当たり前の奇跡 »