« 24日の鎌仲さん@石川テレビ、26日の中垣さん@七尾 | トップページ | Bandaidとシンクロ »

2011年3月24日 (木)

原発のお話の出前@来週の紅茶

110324_本当にひさしぶりに、この冊子を読み返している。1999年におきた東海村の臨界事故について、当時は慶応の物理の先生だった藤田ゆうこうさんが、事故のひと月後に、金沢でお話ししてくださった。

その講演がとてもわかりやすかったので、金沢の中垣たか子さんが、お話をテープ起こしして冊子にしませんか、と声をかけてくれて、何人かの紅茶の仲間たちにも協力してもらって、こんな冊子ができたのだった。ワープロうちは、すべて中垣さん。

今読んでも、中味は古くない。臨界事故と今回の福島の原発事故と、原因はちがっても、原発そのものの仕組み、本質的な根っこは同じ。原発問題は、エネルギー問題ではなく、放射能問題なのだ、という言葉がこわいくらいリアルに響く。

                 *******

急ですが、来週の紅茶でこんな場をつくります、のお知らせ。
    ↓
「原発震災を案じる石川県民」の世話人であり、「原発のお話・出前のお店」の店長さんでもある、金沢の中垣たか子さんが、3月30日(水)の紅茶に、お話の出前に来てくださることになりました。

今週土曜日の午後、七尾へお話に行かれるのですが、七尾まで行けない方も、その日は時間の都合がつかない方も、どうぞ紅茶にお話聞きにいらしてください。
こういうことはタイミングが大事。
刻々とかわる原発関連の情報、放射能汚染のこと、新聞とテレビからは見えないことも、
中垣さんが集めてくださった情報などから、そして一緒に語りあう中から、もう少し見えてくるかもしれません。もっと知りましょう、語りましょう。

30日(水)2:00〜4:30ころまで @紅茶/水野宅  参加費 おきもちカンパ
お話のテーマは、七尾のときと同じで、
        『ご一緒に考えてみませんか、いまできること 
         ・・・福島第一原発で 原発震災が現実になって』

中垣さんからのメッセージもあわせて、再び。
     ↓
いま、悪夢のような原発震災が 現実のものになって、
不安な気持ちでいっぱいの方も 多いことでしょう。
そんな中で、まず「いったい何が起きているのか」を知ること、
そして「いま ここで 私たちができることは どんなことか」いっしょに語り合える場になるといいな~と思っています。

     お時間の許す方、ぜひお出かけくださいね。

東京の水も汚染されてしまいました。煮沸しても、ヨウ素は減らないどころか、むしろ濃縮されるとのこと、どうか煮沸しないでくださいね。減らすためには、活性炭が有効とか。この日はそんな話も出ると思います。

                         ****

3月22日に放送された広河隆一さんのお話、youtubeで見られます。以前に紅茶のブログでもお知らせしたことが、広河さんのお話でもっとくわしく聴けます。司会は上杉隆さん。テレビで本当のことを言ってバッシングされた方。上杉さんの司会も広河さんのお話も、とても聴きやすい。

22日のニュースの深層

 ↑3部にわかれています。  

                ****

このお知らせをブログにupして間もなく、26日土曜日から29日火曜日まで、私は尾道の方に行っていて、留守します。メールのお返事できませんが、お許しくださいね。

|

« 24日の鎌仲さん@石川テレビ、26日の中垣さん@七尾 | トップページ | Bandaidとシンクロ »