« まあるいレシピ~川越紅茶より~ | トップページ | いのみら通信の由来@クッキングハウス »

2011年4月26日 (火)

25年目の日に

今日は25年目のチェルノブイリの日。四半世紀たった日本で、今起きていることを思うと、人間の傲慢さは、つくづく罪だと思い知らされる。

名古屋の「チェルノブイリ救援中部」が5年前から進めている、ナロジチ区での菜の花プロジェクトの取り組みを、日本の農林水産副大臣が現地に視察に行った、と西東京の家のラジオで耳にして、おもわず一人で、あ!って声をあげた。

菜種やひまわりの種を蒔くこと、東京の出前でもすこし話したばかりだったから。

土の中のセシウムやストロンチウムを菜の花が吸収してくれる。もちろん完璧にではないだろうし、土壌には他の放射性物質だってあるけど、何もしないでいるよりも。種の皮に取り込まれたセシウムは、菜種には含まれないらしい。その菜種油でトラクターを動かし、皮や茎や葉はバイオマスプラントの燃料になるそうな。

人間の罪の身代わりみたいな菜の花、ひまわり。助けられるのは人間の方なんだ。

チェル救・元代表のバンドエイドのブログ(がまぐち塾、紅茶のブログのおきにいりにもはいってます)にも、やっぱり菜の花のことが書いてある。そして、ソフトバンクの孫さんの会見のことも。名古屋と津幡と西宮、うれしいシンクロ。

それと今日のがま口塾には、すんごくわかりやすい原発のお話の紹介が載ってた。関西弁でよみやすい。ぜひ,ご一読を!「天災は止められへんけど、原発は止められる」っていうの。http://stop-genpatsu.up.seesaa.net/image/stop-g.pdf

                  *******

24日夜に東京からもどったら、忘れな草も山桜もムスカリもチューリップも、あっという間に春爛漫。庭は桜吹雪。たった4日の留守なのに、浦島花子みたいだ。

津幡町の町議会議員選挙では、24日が投票日で、市民グループ「風」から立った二人がともに当選。
選挙前、ということもあって、3月中に出来上がってた「風つうしん」は全戸配布しないで、今回は風のHP上での公開のみ。

                   ******

明日27日の紅茶では、お知らせした通り、「東京原発」の上映会を。
2:00〜 @紅茶・水野宅 もちろん無料。
たかがエンタテイメント映画とあなどるなかれ。
東京都知事がいきなり、東京に原発を!と言い出すところからはじまる。荒唐無稽にみえて、いやいや、かなりリアル、かなり核心ついてる。
一緒に見ましょう。

東京では、あわせて4回、100人あまりのひとに、原発のお話の出前。その報告は追ってまた。

|

« まあるいレシピ~川越紅茶より~ | トップページ | いのみら通信の由来@クッキングハウス »