« 知る権利がほしい | トップページ | 25年目の日に »

2011年4月24日 (日)

まあるいレシピ~川越紅茶より~

Recipit_ryouri mai works のmai です。
紅茶とmai works の本棚に、新しい1冊が並びました。
発行元は「紅茶の時間 in 川越」、
私は装丁を担当させてもらいました。


「まあるいレシピ~川越紅茶より~」

編集「紅茶の時間 in 川越」
2010年発行
A5判
68ページ
¥500(税込)

石川県で生まれた「紅茶の時間」ですが、Recipit_kimochi_2
出逢ってくれた人たちによって、
各地でちいさな芽が出、それぞれに育ってきました。
そのひとつが、埼玉県の川越市にも。


この冊子はもともと、2010年の6月、
「紅茶の時間 in 川越」10周年のお祝いの日にあわせて、
手製本で作られたものです。
それが予想をこえて多くの方から嬉しい声をいただき、
このたび増刷のはこびとなったのでした。
なので、ご存知の方も、ご存知でない方へも、
改めて、冊子のご紹介をさせてくださいね。

「いのちを丁寧に紡ぎあえる場を、ゆっくりつくっていきたい……と願い、
 まあるいテーブルを囲み、
 みんなで一緒に持ち寄りのお昼ごはんを食べておしゃべりをしたり、
 時にはゲストをお招きして、その方の人生を分けていただき、
 その日集った人たちが共に過ごせた喜びをわかち合いながら、
 10年が過ぎました」

                (「まあるいレシピ」あとがきより)

左から開くと、これまでに持ち寄られてきた
メンバーお手製の「りょうりレシピ」。
右から開くと、ちょっぴり元気がでないなぁ、という時に
まあるいきもちになれる、ゲストとっておきの「きもちレシピ」。
ゆっくりまあるくつながってきた川越紅茶の
かおり、息づかい、手ざわりのつまった1冊です。

< まあるいりょうりレシピ -22Recipes >

簡単ちらしずし
祈りをこめて玄米ごはん
韓流~おうちdeビビンバ
ごまみそ味のそうめん
玉子きんちゃく
人生しょうがないさキンピラ   etc…

< まあるいきもちレシピ -20Recipes >

生まれかわり封筒
未来を思うこと
歩くこと
スキップ スキップ
角度を変えて見ること
アルバム整理   etc…

実はこの冊子、3月には仕上がってきていたのだけど、
ご紹介しなきゃと思っている間に、3月11日が訪れてしまって、
なかなかタイミングがつかめずに、今日まで来てしまいました。

だけど、川越紅茶の家主さんの、

「『まあるいレシピ』最近も結構出てるんだよ。
 震災の日から元気をなくしちゃってる人もいて、
 きもちレシピがいいなって思ってくれてるみたい」

という言葉に背中を押してもらって、
ようやっと、今日ご紹介を。

そうだよなぁ。
私だって、震災の日から、テレビを見ても、本を読んでも、音楽を聴いても、
以前と同じようには受けとめられない、自分がいるもんなぁ。
まるで迷子になっちゃったみたいに、おろおろ、うろうろ、するばかり。

だけどそれでも、私は日々の「暮らし」をおくってきました。
おろおろしながら、ご飯をつくり、
うろうろしながら、つかの間の笑顔をこぼしてきました。

関西での生活と、被災地での生活とを、一緒に論ずることはできないでしょう。
それでも、人間はどんな時であれ、
息をして、食べて、寝て、泣いて、笑って、生きてゆくものだと、
そんな真理のかけらのようなものに、
この1ヶ月間で、私はすこし、触れられたような気がするのです。

どんな平和な時代にも、涙はあるし、
どんな困難な時代にも、笑顔がある。
きっとそれが、生きるということ。
暮らすということ。

そう気づいたとき、この『まあるいレシピ』は、
まさに人が生きてゆくために見つけてきた知恵、のようなものが
いっぱいつまっているのかもしれない、って思いました。

もしも、きもちがしゅん、ってなっちゃっている人が、
この冊子の中から、なにかひとつでも、
歩みをすすめるためのヒントを見つけてもらえたらいいなと、
心から願っています。

ご注文をご希望の方は、mai works のWEBSHOPからどうぞ。

mai

|

« 知る権利がほしい | トップページ | 25年目の日に »