« 翔の初スミレ | トップページ | ドイツより 祈りをこめて »

2011年4月17日 (日)

21日から東京へ

Photo_3水曜日の紅茶が終わったら、夜の飛行機で東京へ。お話の出前は3カ所、いずれも原発のお話をしに。

**

4月21日(木) @クッキングスター(レストランクッキングハウスの2階)

1:30〜4:00 参加費 1000円 手作りケーキのティータイムつき

お問い合わせ&ご予約は ティールームまで tel:042-484-4103

クッキングハウスのHP

*****

4月22日(金) は川越紅茶へ @金子さんち  10:30〜12:30 

「原発のお話とこれから」 お申し込みは金子さんまで tel:0492-32-6357

お昼は一品持ちより。想いも語りあいましょう。

川越紅茶のあと、22日夜は、クッキングハウスの夜のレストラン、ハッピーアワーに行きます。前の日、クッキングハウスに行けなかった方、夕食交流会にどうぞ。

*****

4月23日(土) は、練馬の雑貨と冷えとりのお店 キャンディケイトさんに。

「知りたいね・・今のこと、これからのこと」

1:00〜3:00 お問い合わせとお申し込みは長沢さんまで tel:03-3904-7734

キャンディーケイト

***

思えばこの10年余り、私自身の必要に迫られて、コミュニケーションの学びをずっと続けて来てた。自分の持ってる時間の比重がだんだんそちらに傾いて、原発のこと、もちろん意識のなかにはありながら、前ほどは声をあげてきてなかったように思う。

心のどこかで、チェルノブイリみたいなことは起きない(今回の原発事故とチェルノブイリはもちろん同じじゃないけど、これだけ広い範囲に被害が及ぶという意味で)、と思いたくて、意識の比重をずらしてたのかもしれない。しれない、じゃなくて、きっとそうだ。

いのちの未来に、すごくもうしわけなかったなあ、と思う気持ちで胸が詰まる。

クッキングハウスの松浦さんから出前のご注文をいただいて以来、ずっとずっと、どう語ったらわかりやすいだろう、伝わるだろう、と半端じゃない資料を前にうんうん言ってた。自分なりのレジメも書いてみた。

私の○い(まるい)頭で理解し得たことを、どうしても伝えたいことを、自分の言葉で語るしかない。そう、それこそ、クッキングハウスで学んだ「わたしメッセージ」で。

原発に頼らないと生きて行けない、という思い込みの呪縛にがんじがらめになってる人が聞いてくれて、それが、ほんの少しでもほどけたらいいな。

そして、せめて希望の種を持ち帰ってほしいと思う。こんな状況で、希望をみつけるってこと自体、努力なしにはむずかしいけど、でも、私の感じてる希望だけは伝えたい。

110407_ 路子さんのちきゅうのキルトも東京に抱えて行く。言葉で足りない分、このキルトにも助けてもらおう。(ちきゅうのポスターも持って行きます)

110414_ これはキルトの一部。キルトで縫われた原発と、そのまわりでいのちの輪が傷つけられているところ。海をあらわす波のキルトも、魚たちも、このあたりだけ色が変わっているのが見えるでしょうか。

|

« 翔の初スミレ | トップページ | ドイツより 祈りをこめて »