« かけ橋+「でもないと」変換計画 | トップページ | 今夜のテレビのおしらせ。げんゆうさんと吉岡さん »

2011年4月 3日 (日)

山本文具店さん

Photo_3 mai works のmai です。
今日は、ひさしぶりにお取扱い店さんを
ご紹介します。
静岡にある、「山本文具店」さん。

 山本文具店

 静岡県静岡市清水区由比北田111-11
 054-375-2983
 7:00-19:00
 日曜定休

被災地や避難先で、
苦しく悲しい思いをされている方のことを思うと、
おなかがいっぱいになるわけでもなく、
暖をとれるわけでもない、私の作っている冊子とは、
なんと無力で空疎なんだろうかと、ずっと考えていました。
今も、その思いを引きずっていることに、
変わりはありません。

だけど、3月11日以降も、
ご注文くださる方がいる、こうして
新しくお取扱いを始めてくださるお店があるということに、
私はすこし、救われています。

「昨日のように今日があり、今日のように明日がある」

長崎*藤田祐幸さん(* 後述注)が語ってくれた、
幸せ、平和というもののあり方です。

3月11日という日をさかいに、
これまで「あたりまえ」に思えていたものが、
実はあたりまえではなかったのだと、日本中が知りました。
だからこそ、たった今隣にいる、家族、友達、大切な人へ、
その存在に対する想いにはっと気付き、
言葉にして伝えてほしい。
何か起こってから、後悔だけはしないでほしいと、
強く強く感じています。

そして、もしもささやかながら、
この冊子がそのお手伝いをできるのだとしたら、
何より、とも。

写真は、山本文具店さんが送ってくださったものです。
そこには、こんな言葉が添えられていました。

「早速、レジ前の一等地に配置し、写真を撮り、
添付しようと、
ぼやっと眺めておりましたらば・・

ハートから
ぽたぽたと雫がたれているではありませんか。

慈雨のように、分け隔てなく、
どなたもの心へと降り注ぎますよう。
願いをこめて」

* 藤田祐幸さんは、私がちいさなちいさな頃から、
  「ライオン」という名で親しんできた、
  おひげがトレードマークの理学博士さんです。
  3月26日に長崎で行われた講演会はこちらから。
 

|

« かけ橋+「でもないと」変換計画 | トップページ | 今夜のテレビのおしらせ。げんゆうさんと吉岡さん »