« ともに考える場を (長い模索) | トップページ | 田中優さんのお話、訂正です »

2011年4月 2日 (土)

おしらせミックスジュース

3月30日の紅茶で、中垣たか子さんに原発のお話の出前をしてもらった。
急なおしらせだったけど、いつもの紅茶のお母さんや久しぶりのお顔など、20人近いひとがかけつけてくれて、お話を一緒にきいた。

その時の報告もしたいと気は焦りつつ、いろいろほかのことで手一杯でまだupできないでいます。とりいそぎ、いまは大事ないくつかのおしらせのみ。いっぱいありすぎてごめんね!

      ***

川越のたかはしべんさんのコンサート、パソコン上で生中継、のお知らせ。
今日4月2日(土)この日に予定していた新座おやこ劇場さんでのコンサートを、急きょ、震災支援チャリティにきりかえることになり、今のような状況で会場まで出向くのがむずかしい、という声もうけて、HPで生中継、となったとのこと。
べんさんを知る人も知らない人も、この時間を一緒に共有できたらいいですね!
(ちなみに、紅茶20周年はべんさんに来てもらって、コンサートしました。べんさんは川越紅茶ともつながってるひと。こどもたちに今だからこそ、いっぱいわらってほしいなあ)

新座おやこ劇場さん

        ***
4月3日(日)中垣さんの出前のお話(彼女はここんとこ、毎日のように出前にいってる!
1日はめろめろぽっちさんでも)
@野々市常賛時(野々市町三納159-4野々市町役場向い、駐車場あり)
午後2時~4時  参加費:お気持ちカンパ 
『いま福島原発で なにが起きているのか
 ・・・そして いま 私たちが石川で できることは』
福島原発の20km圏から金沢に避難していらっしゃる浅田さんご夫妻も参加される予定。

          ****
□■ 絶望を希望に変える 田中優さん緊急講演会! ■□
   ▽  ▼
「福島原発の現状とこれからの自然エネルギーの可能性」

◆◇ 昼の部 ◆◇
4月7日(木)13:30~ ← 申し訳ありません!満席となりました。(4月2日現在)
Kapo(カポ) 兼六駐車場となり山越ビル2F(賢坂辻方面)

■□ 夜の部 ■□
4月7日(木)18:30開場・19:00開始
野々市文化会館フォルテ 小ホール 定 員:300名
参加費:1000円

主 催:田中優さん講演会実行委員会
連絡先:076-240-0413 happykoara3@ybb.ne.jp(小原)
076-246-0617(コミュニティトレード al)

※昼・夜とも、託児ご相談ください(お早めに)
(託児問合せ 076-246-0617 アル )

    ▽  ▼
◇■ 優さん講演会は8日にも □◆
田中優×澤本三十四「いま、伝えなければいけないこと・・」
田中 優
「3.11以降の日本社会をどう変えるか」
    ~被害からの復興を社会のターニングポイントに~

澤本三十四(株式会社 澤本商事取締役社長)
「体をまもる 体をつくる」
    ~これからの安全な食と水~
大門明夫((有)ダイモン・システム)
「被災地からの声」
   ~現地での支援活動を通じて~

4月8日(金)13:00~17:00 (12:30開場)
場所:石川県地場産業振興センター 本館第一研修室
参加費・1000円

お問合わせ
(有)ダイモン・システム(大門み)
076-237-8963
ran-d-system@hotmail.co.jp

※三講演とも、参加費の一部は、東北関東大震災の義援金にさせて
いただきます。
☆田中優さん プロフィール

「未来バンク事業組合」理事長。
地域での脱原発やリサイクルの運動を出発点に、環境、経済、
平和などに取り組むさまざまなNGO活動に関わる。
「日本国際ボランティアセンター」「足温ネット」理事、
「ap bank」監事、「一般社団天然住宅」共同代表も務める。
現在、立教大学大学院、和光大学大学院の 非常勤講師。
著書(共著含む)に『戦争をやめさせ環境破壊をくいとめる新
しい社会のつくり方』、『世界から 貧しさをなくす30の方法』
(以上、合同出版)ほか多数。最新刊は『幸せを届ける
ボランティア 不幸を招くボランティア』(河出書房新社)。

田中優×小林武史  緊急会議 (1)、(2)

10日間で再生回数 15万回突破。の田中優さんの動画

☆澤本三十四さん プロフィール

株式会社 澤本商事取締役社長。
「自然の循環を強力に守る」をモットーに自然要素(土、水、大気)
の浄化の活性に努める。
長年に渡り、汚水問題に取り組み 独自の水処理システムを開発。
牛のし尿処理にて発明大賞、考案功労賞を受賞。
改質水の研究開発に成功するほか、農業や畜産などの技術指導や資材
供給も行っている。

****おしらせここまで。

|

« ともに考える場を (長い模索) | トップページ | 田中優さんのお話、訂正です »