« ぽぽぽの会へ | トップページ | 紅茶のとくべつ授業は、要予約 »

2011年5月31日 (火)

6月のお知らせあれこれ

110526_ 3年ほど前、津幡の河合谷の収穫祭でかったミヤコワスレが、ことしもいっぱい咲いて、紅茶の玄関をかざってる。

週休6日のはずの紅茶なのだけど、5月は出前にでかけたり、文章紅茶の〆切に追われたり、とほとんどフル回転してた。個メールへのお返事とどこおってしまってて、ごめんなさい。

             ******

6月8日(水)の紅茶は、1:00〜いつも通りopenしますが、前にもお知らせした通り、

2:00〜5:00 藤田祐幸さんのとくべつ授業
「はじまりのはじまり 〜 いま、日本の原発で何がおきているか」

授業料は おひとり1000円。
残れる方、授業おわってから、もちより一品夕ご飯をご一緒に。
@紅茶/水野宅 tel: 076−288−6092

藤田さんは、20数年前、私に原発の本質を教えてくださった、もと慶応大学物理学教室の先生です。

お話、人間味があって、原発のお話もとってもわかりやすい。宮沢賢治さんが大好き。あだ名はライオンさん(お顔とおひげの形状より)。
紅茶ではこれまでに、「土の学校」というエントロピーの授業、原発にたよらない暮らし方の授業、劣化ウランの授業、などなど、幾度も講義していただきました。

チェルノブイリへは何度も、そして劣化ウラン弾の使われたコソボ、そしてイラクへも、ご自分の目と足で確かめに行かれた、行動する科学者。被曝労働にも深い痛みを感じ、労災の裁判支援にも関わってこられたライオンさん。
人とともに、市民とともに生きよう、とスリーマイル原発事故のあとに決心されて、ご自分の道を進路変更、今もその生き方を貫いてらっしゃるところに、私はとても惹かれ、また、尊敬しています。

ぜひぜひ聞きにいらしてくださいませ。

6日から10日までの5日間、石川の加賀、輪島、七尾、金沢、と連続講演されます。紅茶の日は行けないけど、という方、このきもちブログすこしさかのぼると、5月19日のところで、藤田さん講演会の予定表が見れます。

                *****
110526__2          6月の出前紅茶のおしらせ

6月16日(木)白山市立松任西幼稚園で 
「ほめ言葉のシャワー」のお話 
10:00〜12:00 @松任西幼稚園ホール
地域のかたもどうぞ、とのことです。

6月19日(日)広坂の金沢カトリック教会
「いのみら通信からの贈りもの」 
11:20〜12:20 @教会横の信徒会館2Fホール
信者さんでない方でもどうぞ、と。

「いのちの未来に原発はいらない」という長い名前の通信をずっと出して来たことで、私はいったい何を受けとったのだろう、と311後、ずっと考えています。

原発のお話を一時間ほどさせてもらいますが、むずかしい数字はほとんどでてこない、ある意味シンプルな私の話を聞いてくださった方が、なるほど、このひとはこういう理由で原発にNOといい、いのみら通信を出して来たのか、そしてこんな贈りもの(といえるものかどうかわからないけど)をうけとったのか、と感じていただけたら、うれしいです。

6月25日(土) 大津のじゃりんこ文庫
「私が私であること」 
1:30〜 @大津の乾さんち
娘も参加して、母娘で、それぞれの「私」を語ります。

はじめ1:00〜とお知らせしましたが、
1:30〜3:30までが私たち母娘の「自分語り」、
私はちょこっといのみらのお話も。
3:30〜5:00までがお茶とお菓子で、放課後ティータイム交流会
たぶんとてもこじんまりした集まりになると思います。

こんな時間、とわかったうえでいらっしゃりたい方は
乾さんまでお問い合わせを  tel:0775−25−7496

6月26日(日)京都のおうちカフェ風(ふう)さん

「いのみらと私と」

いのみら、の本名は「いのちの未来に原発はいらない通信」。
この通信を23年前から出し続けて来たことの意味は、私にとってなんだろう、と考え考え、語ります。とてもわかりやすい原発のお話を中心に。 
1:00〜3:00 そのあと、放課後お茶の時間〜5:00まで
1000円  お申し込みはふうさん tel: 075−541−2788

6月27日(月)豊中で  主催/とよなかあきんDOクラブ
「コミュニケーションはキャッチボール」
7:00〜8:00 @とよなか国際交流センター(エトレ豊中6F)
1500円(『ほめシャワ』つき) 
お申し込みは笹部書店さん tel: 06−6872−9385
終わってから、希望する方は、8:00〜9:00の懇親会へも。(1000円)

主催してくださる「とよなかあきんDOクラブ交流会」という会は、豊中市役所主催の、市内でお店を開いてる人たち向けの5年に渡る研修会(お店の改善や新商品開発など)を卒業した、OBさんたちの自主交流会。
この日は、あきんDOクラブさんでない方でも、ご参加どうぞ、とのこと。

このクラブのメンバーである笹部さんは、豊中の団地の中で、地域の子どもたち、お母さんたちのことも大切にした本屋さんを開いています。ずっと以前から『ほめ言葉のシャワー』を置いてくださっているご縁で、うかがうことになりました。娘も日頃からお世話になっているので、お礼かたがた、一緒に参ります。

6月のどこかで、お目にかかれたらうれしく。

               ******
ニュースで、福島の子どもたちの、学校での被曝線量が20ミリから1ミリに引き下げられることに、と。ほんの少ーしだけど、ほっ。

|

« ぽぽぽの会へ | トップページ | 紅茶のとくべつ授業は、要予約 »