« 遠来より来る | トップページ | 静岡のひと、馬場さん »

2011年5月 7日 (土)

拝啓,総理大臣殿

菅さんが、首相会見で浜岡原発の全面停止を要請、とのうれしいニュース!

http://www.kantei.go.jp/jp/kan/statement/201105/06kaiken.html

総理官邸の菅さんにメールするならこちら
         ↓
 http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html と知ったので、おもいきって。

               ******

菅さま 
すべての浜岡原発の停止の要請、ご英断に感謝します。それでこそ、菅さん。薬害エイズの時のように。

東海地震の震源域に建つ浜岡原発は、本当に大きな不安の素でした。
ここの原発は、原発の推進・反対にかかわらず、もし今止めておかなければ次の原発震災が起きたとき、日本はどう詫びようと世界に対して申し訳がたちません。日本の、国としての誠意を示すためにも、信頼を取り戻すためにも、止めるべきと思っていました。

停止期間は地震対策が済むまで、とのことですが、その2、3年の間に自然エネルギー政策を具体的に打ち出し、できることから実行、大口の事業者に対し随時調整契約も発動し、そういうことも国民にわかりやすく説明するなどして理解を得、できることなら今後もずっと動かさずにすむよう、どうかどうか強い姿勢でいらしてくださいませ。

電力会社と一体になって原発を進めてきた官僚や政治家のひとたちは、なりふりかまわず、すさまじい勢いで菅さんに抵抗してくるでしょう。早くも、西日本の電力不足は日本の存亡にかかわる、との学者のコメントがありましたが、それを言うなら次の原発震災こそまちがいなく、それに関わる問題です。

日本の財産は、国民のいのちと自然。安心して暮らし続けられること、いのちをつないでいけること。それを守ろうと決断してくださった菅さん、ありがとう。応援します!

                    *******

昨日印刷にだしたいのみらにも書いたけれど、本当に私たちは今、重大な分かれ道に立っているのだと思う。

今回の原発震災を、ひとごとだと感じてる人は、まだまだいっぱいいると思う。
たとえば、中部電力からの電力が足りないようですよ、と言われたときに、中電エリア、特に都会に住む人たちの多くが、そんなのいやだ、といえば、大きな自動車会社がそれは困る、と大きな声をあげれば、簡単にひっくり返ってしまうことかもしれない。

だから試されてるのは、菅さんの覚悟だけじゃなくて、私たち一人一人なんだ。これを、冷ややかな目で、菅さんの賭けとだけとるか、私たちに突きつけられてるもの、ととるか。

菅さんへの抵抗は、そりゃあはげしいだろう。
私のごく幼い時からよく知るおじさまは、通産省のあと、いつのまにか、○○電力の副社長さんになってた。
きとくけんえき、ってものにしがみつくひとほど、原発にこれからもしがみつきたいのだろうね。もちろん、原発にかぎったことじゃないけど。

|

« 遠来より来る | トップページ | 静岡のひと、馬場さん »