« 紅茶の時間のこと | トップページ | つながる3人展 最終日の3日目 »

2011年8月14日 (日)

つながる3人展 1日目と2日目

月光荘さんのまっ白いギャラリーが、それはそれは不思議な宇宙空感になった。
金曜、土曜の二日間とも、夢のような時間が流れていく。

ふだんは逢えないたくさんの懐かしいひとたち、川越や川口や東京の紅茶仲間や、つい2週間前、おはなしの出前に行った川崎のひとたち、そしてはじ めて会うひとたち、、、がつながり、想いがつながってゆく。
曼荼羅の「ちきゅう」キルトや「よだかの星」のキルトや「かざぐるまフレンドシップキルト」でつながり、おはなしと朗読と歌でつながり。

110812_115402  「ちきゅう」と90度の角度にかけられた「よだかの星」のキルトが、とりわけいつもとは違ってみえる。
あらためて、近くから、遠くからながめて、なんてやさしくて、強くて、深い想いのキルトだろうか、と。
キルトの中央、よだかが天にのぼっていくところ、そこだけが立体的に、青い夜の星空から白く、まぶしく輝いて、うかびあがっている。
ああ、やっぱりこのキルトも、曼荼羅だったんだ。

そしてそして、すこし見方をかえれば、かざぐるまのフレンドシップキルトもまた、もう一つの曼荼羅のようにも思えて。

         **

金曜日のおはなしタイムは2回。
原発のおはなしの終わりには、♪生きてきてはじめて——for the first time の歌を。
ほめことばのシャワーのおはなしの終わりには、♪贈りものの言葉の歌を。

ギャラリーの中央に立つ「2001年宇宙の旅」にでてくるみたいな白い壁。
壁の片面には、4枚の「かざぐるまフレンドシップキルト」の4枚目がかけられて、もう片面には、mai worksのこれまでの作品たちが並べられて。
うまれたての「贈りものの言葉」の本もまた、たくさんのかたの手に渡っていく。
そうやってまた、あたらしくつながってゆくんだ。パッチワークのキルトみたいに、つながってくんだ。

         ******

土曜の「よだかの星」の朗読会とキルトのおはなしの時間には、
それをめがけてたっくさんのかたが集まってくださった。
「よだかの星」のキルトの前で、「よだかの星」を、ひと前ではじめて朗読する。
路子さんがこの空間にいっしょにいる、って私は確信してるから、その路子さんに聞いてもらいたくて、読む。

110812_1154010001 なんとか最後までちゃんと読もう!って朝からこころに決めてたんだけども、よだかが、もうのぼってるのかおちてるのか、わからなくなったあたりか ら、
私も、のぼってるのかおちてるのかわからなくなってきて、よだかのきもち、路子さんのきもちになってしまって、声がつまり、、、。
キルトのやさしいちからに助けられて、どうにかどうにか。

           *****

夜の原発のおはなしの時間には、このつながる3人展のきっかけをつくってくれた月光荘のスタッフさんが、一番前で真剣に聴いてくれていた。

110813_114403_3 「ちきゅう」のキルトの前で、原発のおはなしをしてくださいーーという彼女のあのひとことが、7月29日にもしなかったら、
「いのちの未来と原発と」のリーフレットを、あの日、私が月光荘さんへのお土産に持っていってなかったら、
そのリーフレットのなかに「ちきゅう」のキルトの写真がなかったら、
あの時、私の背中のリュックの中にほんものの「ちきゅう」キルトがはいってなかったら、
いや、そもそも7月末に川崎と川口に、原発のおはなしの出前にきていなかったら、、、。

どれ一つがかけても、この月光荘宇宙空間は作り出せなかったと思う時、ああ、やっぱり、wonder + fulだ、って思った。

生きてるってことには、毎日毎日、不思議すぎることがいっぱい。
不思議だなあ!のwonderが、いっぱい。wonderに、満ち満ちている。
そのwonderのなかに、うれしいことも、すばらしいことも、悲しいことも、涙も、いっぱいいっぱい、、、。
その中で、ひととひと、想いと思いが、つながりながら生きていけたらどんなにうれしいだろう。

              *****

110812_120901 金曜の夕方からは娘が、土曜の朝からは路子さんのおつれあいさんが、土曜の夕方からは私の夫が、
そして路子さんの娘さんは、かざりつけの日から毎日、この空間にずっと一緒にいる。
路子さんも、一緒にいる。


川越や東京の紅茶仲間たちの、かぞえきれない手助けがあるので、この空間でわたしはただただ、ありがたいなあ、ありがとうだなあ、
って想いで、こころを満たしていられる。そのことの幸せ。

              ********

今日は14日、いよいよ最終日。
午後2時からは、最後のおはなしの時間。
おとといとはまたすこし違う、ほめ言葉のシャワーのおはなしをしようと思う。
この「つながる3人展」が、実は、つながる4人展でもあるってことについても。

           **

月光荘さんも画材店のブログで、こんなふうに書いてくださってた。
                ↓

http://gekkoso56.exblog.jp/15271642/

|

« 紅茶の時間のこと | トップページ | つながる3人展 最終日の3日目 »