« つながりを、ふりかえり、ふりかえり | トップページ | つながる3人展ありがとう from mai »

2011年8月19日 (金)

ぶどう狩りと瀬戸の島

あらら、もうあさってに迫っていた!

ことしのぶどう狩り&夏のおはなし会は、
8月21日(日)午前10:00から、20108
かほく市高松・はまなす文庫の細川律子さんちのお隣のぶどう園でぶどう狩り。(写真に登場してるのは、律子さんちのめいちゃん)
一品持ちよりのお昼ごはん@細川さんちのあとは、
恒例、もちよりおはなし会。

今年で27年目、27回目のぶどう狩り、私は皆勤賞を更新中。

何年か前から、私も聴くだけじゃなくておはなし会に一品?もちよって、まぜてもらうようになった。
朗読の時もあれば、歌の時も。
ことしは、路子さんの「ちきゅう」キルトと一緒に参加しよう、って思ってる。

ぶどう狩りもおはなし会も、もちろんどなたでも。
ぶどう園には、入園料がいります。あとは食べ放題!
この季節になると、巨峰やマスカットやセキレイやフジミノリなど、大粒の甘いぶどうが園のいたるところに。
今年は暑かったので、ぶどうもすごくおいしいそうですよ。

細川さんちの場所がわからないかたは、telephone 076−282−5640の細川さんまで、前もってお電話でお確かめください。

                      ********

出前紅茶のごあんない

8月27日(土)瀬戸内海の島、
いくちじまの瀬戸田へおはなしの出前

年4回ある、はーとふる講座の一つに行きます。
         ↓
    「コミュニケーションは、きもちのキャッチボール
                    〜人と人をつなぐもの〜」
19:30〜21:00 @瀬戸田市民会館 多目的ホール

お申し込みは、尾道市人権文化センターへ telephone 0848−37−2631
参加費は、年間1000円(4講座分)
一回でも参加可、とのこと。

                       *****

おととし10月にはじめて尾道にいってから、去年2回、今年にはいってからすでにもう2回、と、尾道や瀬戸の島にうかがっている。
瀬戸の島への最初のきっかけは、伯方島で暮らす、ミミさんとの長い長いおつきあいからなのだけど、一回ごとに、人と人を結ぶ糸が長くなり、太くなり、いろんな色がまざりあい、逢いたい人の顔がいっぱい浮かぶ島となり。

去年9月の瀬戸田の空の色、ほんとにきれいだった。会場近くの平山郁夫さん美術館からみあげた空。Photo

ついおとといの紅茶には、今年のつくりおさめ、というはっさく大福が因島のカズミさんから届いたばかり。
あんこでない、ほんもののはっさくがそのままはいってる大福。

その日の紅茶に運良くきたひとたちと(安宅お父さんや、いつもたいやきをもって来てくれるユキちゃんや、沖縄の荒川くん←なんとこの9月からは、七尾のお医者さんに!)たちと、おいしいおいしい、こんなの初めて!と言い言い、貴重な味をいただいた。

そのカズミさんちにまた、お泊りさせてもらう。
カズミさんは、6月末の京都ふうさんの出前紅茶の時、とつぜんあらわれてびっくりしたけど、東京の「つながる3人展」にはさすがに行けず(すっごい遠いもの!)、残念がってた。
逢ったら、月光荘ギャラリーのお土産話をいっぱいいっぱいしよう。

                 ****

関西経由でいくので、帰りには、名古屋でものすごくお世話になってる本屋さんの、書林房五常さんにお寄りするつもり。
ほんとは、紅茶の本たちや『ほめ言葉のシャワー』のブックフェアをしてくださってた3月から5月の間にうかがいたかったのだけども、どうにも時間やりくりできず、ずっと気になっていて。

今回は、『ほめ言葉のシャワー』のサイドブックともいうべき『贈りものの言葉』もお持ちして、はじめてのごあいさつを、娘とともにさせていただこう。

|

« つながりを、ふりかえり、ふりかえり | トップページ | つながる3人展ありがとう from mai »