« 7月のわたぼうしとちいさいおうち | トップページ | 行ってきます。 »

2011年8月10日 (水)

つながる3人展@銀座月光荘さん

7月29日のあの日、東京駅からまっすぐ銀座の月光荘さんへ。
以前から「ほめシャワ」の冊子をお店で置いてくださっていて、上京の折りにはなるべく、と思いながらなかなかお寄りできなかったので、お話の出前のないこの日にはきっと、と直行したのだった。

金沢のちいさなお菓子と「いのちの未来と原発と」のリーフレットをおみやげがわりにスタッフさんたちにお渡しして、「ちきゅう」の写真もひろげて、今回はこういうお話をしに東京に来たんです、と言うと、「スウさん、そのキルトをかざって、そこで原発のお話をしませんか」。

―― それが、今回の「つながる3人展」のはじまりのはじまり。

最初は目が・(テン)になって、それから頭ん中に青い星がぱちぱちと幾つもはじけ、めまぐるしくぶつかって、たぶん、5分後にはYes,のお返事をしていたように思う。

それなら、路子さんの賢治のキルトもかざり、みんなで縫った「かざぐるまフレンドシップキルト」もかざり、生まれたての本もならべ、紅茶の本たちや、月光荘おじちゃんのことを書いた昔の私のエッセイ集もならべ、、、ああ、そうしたら私たち3人が月光荘さんの場所でまぁるくつながる!と直感した。

ジョーシキで考えたらあまりに無謀。石川に帰ってから、3人展の初日まで10日しかない。でも、天から降って来たとしか思えないこんなお話、するなら今しかないと思えば、まだ10日もある、とあの時、思ったんだ。

その夜、路子さんのおつれあいさんからキルトをお借りするお許しをもらい。

後から、いろんな意味がここにこめられてるって、わかった。

7月29日は路子さんが亡くなってちょうどひと月の日だった。
「ちきゅう」つき「いのちの未来と原発と」のリーフレットができてきたのは7月15日。
それをかかえて上京したのは、まさに原発のお話とともに「ちきゅう」をみんなに見てもらいたかったから。
そしてCD付き「贈りものの言葉」の生まれたのが8月5日。
6日のヒロシマの日と9日のナガサキの日、菅さんは、原発に依存しない社会を目指すと言った、日本の首相としてはじめて。

                *******

「3人展」では、

路子さんの「ちきゅう」と「よだかの星」「やまなし」「いてふの実」のキルト、
「どんぐりと山猫」の山猫のお人形。
路子さん発案の型紙をもとに、100人で縫い上げた「かざぐるまフレンドシップキルト」が4枚。110809_ 4人分のあわさるところが、4枚羽の風車に。
私の本のお祝いに内緒でつくってくれた「紅茶フレンドシップキルト」。
フレンドシップキルトや「ちきゅう」をとりあげた古い雑誌なども。

紅茶の本3部作。
私の古い本たち。
「いのちの未来と原発と」リーフレット。

mai worksからは、彼女の一番はじめの作品からこれまでの5年間の作品を。
「場の持つ力」「オキナワニッキ」「コトノハ在中」「ほめ言葉のシャワー」「まぁるいレシピ」、パタパタbookの「Place」、その他、ポストカードやカード類。
そしてできたてのCD付きブックレット。

路子さんの遺したキルトが銀座ではじめてひろげられる日と、
mai worksの「贈りものの言葉」の初お披露目の日とが重なる!
こんなこと、いったい誰に想像できたろう、、、!

きっとたくさんのこころが見守っててくれると思う3日間。そのなかにはもちろん、路子さんも、月光荘おじちゃんもいてくれるよね。

               *****

銀座月光荘さんは、山手線なら有楽町で降りて、ソニービルから新橋に向かって外堀通りを歩き、電通のビルを越えたら、花椿通りを左折。3つ目の角を右にまがって少し歩くと、入り口がレンガのギャラリー、「画室2」が左手に。
(画材店の方は、同じく花椿通りの3つ目の角をまがらずにまっすぐ進むとPhoto、ホルンのマークのお店が右手にみえてきます)

ご案内では「紅茶の時間 in 月光荘」と書いているけど、わが家での紅茶の時間のように、紅茶をいらした方お一人一人にお出しすることは、おそらくできないだろうと思われます。

ギャラリーでのおはなし会や朗読会は時間をお確かめの上、お越し下さい。いずれも一時間ほど。
にゅうじょうりょうなどはいりませんが、とびどくもたないできてくなさい。

なお、私は「3人展」搬入のため、木曜日11日に上京します。
月光荘のスタッフさんと、東京在住のきやさんと、路子さんの娘さんとで飾りつけをする予定。

              ********

「つながる3人展のおしらせ」、月光荘さんがこんなふうに書いてくださってます。
http://gekkoso56.exblog.jp/

               ↓

キルト展がやってきます!---紅茶の時間 in 月光荘---
「ほめ言葉のシャワー」という小冊子が昨年秋頃から店に登場しています。
その名前の通り、言われてうれしい たーくさんの「ほめ言葉」 がぎゅぎゅっとつまった一冊。
店頭でも置いたその日から贈り物に、自分のごほうびにと
いろいろなお客様のもとへ旅立っていきました。

その本をつくられたのが水野スウさんとスウさんのお嬢さん。
スウさんと月光荘とのつながりは、少女の頃のスウさんが月光荘の創業者「月光荘おじさん」と出逢いお店に通っていたころにさかのぼります。
スウさんは現在、「紅茶の時間」というオープンハウスを石川県で開かれています。

今回はその長ーいつながりから、また新たなご縁がうまれることになりました。
スウさんのお仲間であるキルト作家さんの作品が初めて月光荘へやってくることになったのです!おおきな そして 心のこもったキルト作品…今からわくわくドキドキします。

また、会期中には「ほめ言葉のシャワー」のお話などのミニおはなし会も開かれます。
ぜひみなさま、遊びにいらしてくださいね。
そして、「ギャラリー in 本屋さん」も登場。お嬢さんである mai works の本が並ぶそうです。

会期はなんと来週、月光荘企画公募展「ムーンライト展」後半にあたる
8/12(金)、13(土)、14(日)の3日間です。
場所は月光荘画室2にて。
11:00~19:00(最終日は16:00まで)
紅茶の時間 + かざぐるま舎 + mai works  つながる3人展
 
「紅茶の時間 in 月光荘」 どうぞお楽しみに!! 

*****「つながる3人展」の会期中は、月光荘さんの公募展、「ムーンライト展」も開かれてます。      

月光荘さんのブログより。
  ↓

【画室1・こんぱる前・中・後室】

『月光荘 ムーンライト展2011』
8月8日(月)〜8月14日(日)
11:00〜19:30(最終日は16:00まで)

今年も全国から集まった力作が、月光荘の画室をどーんと彩ります!

会場は画材店地下にある「画室1」と、金春湯の4階にある「こんぱる前室・中室・後室」の4部屋。
作品を作る事の楽しさに溢れる一週間となりますので、銀座へお越しの際には是非お立ち寄りください。

             **********


以前お知らせした私たちからのご案内、念のためもう一度ここに。         

 

 

       紅茶の時間 + かざぐるま舎 + mai works つながる3人展

 

812.13.14日 11:00-19:00(最終日14日のみ16:00まで)

 銀座月光荘・画室2(中央区銀座8-7-18 1F

(お問い合わせは月光荘画材店さんまで 03-3572-5605

 

週いちのオープンハウス「紅茶の時間」の家主・水野スウ、

「紅茶」仲間でキルト作家のかざぐるま舎・安宅路子さん、

水野の娘でちいさな冊子や紙雑貨を手がけるmai works の中西万依が、

銀座月光荘画材店さんのギャラリーでつながります。

 

 

 チェルノブイリ事故のあった25年前、子育て中のお母さんたちが集まる紅茶の時間では、原発のことがたくさん語られました。その中から生まれたのが、100人の想いをつないだ「かざぐるまフレンドシップキルト」と『まわれ、かざぐるま』の本、そして路子さんのキルト「ちきゅう」です。以来、私が原発のおはなしの出前に行く時は、いつも「ちきゅう」が一緒でした。


 今年の3月に東電の原発事故が起こった時、病とともに生きながらも、路子さんは深く心を痛めていました。そして、このキルトはもう自分だけのものじゃないからずっと持っててね、と「ちきゅう」を私に託したあとの6月、路子さんは天のひとになったのでした。


その「ちきゅう」や「かざぐるまフレンドシップキルト」とあわせて、路子さんが遺した賢治の世界の作品たち、「よだかの星」「やまなし」「いちょうの実」のキルトなどを、ぜひ多くの方がたにもごらんいただきたく、とっても急なことですが、812.13.14日の3日間、「つながる3人展」をひらくことになりました。

 

 キルトの横では、本屋さん in ギャラリーも登場します。mai worksが装丁を担当した『ほめ言葉のシャワー』や、この8月に生まれたばかりのCD付ブックレット『贈りものの言葉』、初めての方の入門書がわりにと原発を語った『いのちの未来と原発と~3.11後のわたしたち』など。そのほか、母娘共著の『きもちは、言葉をさがしている』を含む、紅茶3部作の本や、mai works の小作品も並びます。それから、それぞれのテーマで、一時間ほどのミニおはなし会も。

 

 812日(金) 14:00- 原発のおはなし

18:00- ほめ言葉のシャワーのおはなし

  813日(土) 14:00- 「よだかの星」の朗読会とキルトのおはなし

17:00- 原発のおはなし

  814日(日) 14:00- ほめ言葉のシャワーのおはなし

 

 大好きな月光荘さんで、こんな夢のような企画が実現するのも、実は40年以上も前、まだ少女だった頃の私が月光荘のおぢちゃんと出逢い、いっぱいかわいがってもらった、そのご縁のおかげです。なので、私のきもちの中では、3人よりも4人、今と昔がつながるコラボ展みたい!な気も、どこかしています。

 3日間とも私は会場にいて、時には娘もいて、作品に逢いに来てくださる方を心よりお迎えします。どうぞごゆっくり、紅茶の時間 in 月光荘を、お楽しみくださいませ。                 

|

« 7月のわたぼうしとちいさいおうち | トップページ | 行ってきます。 »