« クッキングハウスと月光荘と | トップページ | 10月のご案内あれこれ »

2011年9月14日 (水)

Candy Kateさんで

8月の「つながる3人展」@月光荘さん、を見に来てくれたキャンディさんに、9月の上京をおしらせして、もしよければ、こじんまりとちゆゆしましょうか、と言ってたことが本当になった11日の、キャンディさん。

お店の2階のおへやで、ちゆゆ(本名は自力整体)の短めお試しバージョンを、キャンディさん、スタッフさん、お客様、との8人で。

毎週、津幡の公民館でしているちゆゆの教室。生徒の私だけど、一緒に体をうごかすことなら、と4月に、西東京の姉の家でキャンディさんと二人ちゆゆをしたことが、今回のきっかけ。

さいわい、きもちよさを感じてくださった方たちが多かったようで。後半の私の話のときには、ぽわ〜〜〜〜とゆるんでる方もいて、それがなおよかったです。

4月は時間いっぱいつかって、いのちの未来と原発のお話をしたので、今回はお話みじかめ。
月光荘さんの3人展に至るまでの不思議さ、3人展のあとの不思議さ。生きてるってことは、毎日毎日、不思議wonderがいっぱい、というお話をおもに。

この日は、千葉の調子から3時間半もかけて来てくださった方もいらして、そういうことひとつとっても、よくぞいらしてくださった、ってびっくりしながら、感謝せずにいられない。しかも、3・11から半年目のこの日に、9・11から10年目のこの日に。

                       *****

キャンディさんは、冷えとりを中心にいろいろな雑貨や、冷えをとる工夫や知恵を学びあっている練馬の雑貨やさん。去年4月にはじめて出前にうかがって以来のおつきあい。

お店の雰囲気もいいし、キャンディ惠子さんもすてきな方。私は私のできることで応援したいな、と思ってるお店。
お客様のなかには、深刻な冷えの悩みをお持ちの方も多いようだ。
自力整体も習慣になると、きっと冷えの解消にもなるだろうなあ。私自身、ちゆゆをはじめてからの7年間で、ずいぶんとからだがいい方向に変化して、からだの声を聴けるようになって、そのうえ、便秘も冷えもよくなったので。

キャンディさんのブログはこちら、出前のことも書いてくださってます。
活き活きひえとり生活 http://gohonnyubi.exblog.jp/

紅茶の本たちや、「ほめ言葉のシャワー」「贈りものの言葉」も、お店においてくださってる。

キャンディさんは、「贈りもの〜」を読んで、いっぱいいっぱい感じてくださったよう。

「ほめる、というと、必死にいいとこ探そうとしちゃうけど、そうじゃないんですよね。もっともっと手前の、なにげない言葉、ちいさな言葉こそが、ほんとはうれしいんだと。
ほめる、の本はたくさん出てるけど、こういう“ほめる”の本を書いたひとはいないんじゃないかなぁ、、、。この本のなかの、やさしいきもち、がすごく伝わってきた」
って、とてもとてもうれしい感想をいただきました。

                     *******

この夜の夜行バスで石川へ。バスの中はけっこう冷える。キャンディさんで、絹のゆるいインナースパッツを買って、バスにのる直前にそれをはいて。おかげで車中ほかほか、よく眠れましたよ!

 

|

« クッキングハウスと月光荘と | トップページ | 10月のご案内あれこれ »