« ラスト紅茶 of 2011 | トップページ | 津波の前に、地震で »

2011年12月28日 (水)

クリスマスカードと感謝状

111116_   ―― 知事さん、国の方ばかり見てないで、石川県民を見てください。
  石川のみなさんのいのちは私が守ります!という強い意志を、私たちに示してください。

春から2機とも止まっている志賀原発。他県では、自分の考えを表明してる知事さんもいるけど、石川の場合はいつも、国の動向をよく見た上で、という言葉しか聞けない。

Nさんのよびかけで、クリスマスカードを知事さんに届けよう、と、22日、15人ほどで県庁へ。原発の再稼働をみとめないで、という思い思いのメッセージを、大きな大きなクリスマスカードにはりつけて、秘書課に持って行く。

サンタやトナカイになって届けたひとが何人もいたので、それはにぎやかなカードお届け集団になった。私の届けた言葉は、上のようなこと。

23日の朝日新聞石川県版には、このように。
http://mytown.asahi.com/ishikawa/news.php?k_id=18000001112230003

                 *****

28日の御用納めの日に、富山の北陸電力本社に行く人たちがいるように、石川では同じ日、金沢の北電に感謝状を届けにいこう、とまたNさんが声をかけてくれた。

表彰状みたいにすてきにしつらえられた感謝状は、

―― 3月以降、原発を二基とも止めておいてくれて、ありがとう!
  夏も冬も【原発なくても大丈夫】ということが分かって、
  本当によかったです。
  年末年始も原発が止まっているので、安心して新年を迎える
  ことができます。
  (止まっていても核燃料がある限りは、
  大地震や停電でプールの冷却ができなくなったら危険ですが)

  どうか、来年もこのまま止めておいてくださいね。
  どうぞよろしくお願いします。
  では、皆様 どうぞよいお年を!』

                 ******

それにしても、東電の原発事故でこれだけのことが起きているのに、県も県民に対して、北電もお客様に対して、いっこうに向き合おうとはしないのだよなあ。

|

« ラスト紅茶 of 2011 | トップページ | 津波の前に、地震で »