« 鳥よ、鳥よ | トップページ | My gift of words の言葉たち »

2012年1月 4日 (水)

いのみら通信バックナンバー

120102_ いのみら通信のバックナンバーをそろえる必要があって、家の中あちこちひっくりかえして、やっと、通信0号からの生原稿を探しだせた。

当時のフルネームは、「いのちの未来に原発はいらない通信」。発行人の名前は、「原発とめたい仲間たち」。
チェルノブイリで震えあがったお母さんたちと、さまざまな原発関連の情報をもちより、ゆるやかなネットワーク通信として、最初ははじまったのだった。私は、二人いた編集人のひとり。

昨日は日がな一日、部屋中紙だらけにして、1988年からの数年間にタイムスリップしていた。

あの狭い紅茶の部屋で、何度も原発の勉強会とか映画会とかしたなあ。
路子さんが紅茶にきたのは、たしかこのころだったな。
かざぐるまのキルト型紙をいのみら通信の付録につけたのが88年の秋で、
89年から縫いつなぎ始めたのだったな。
やっぱり路子さんの発案で、ランニングバックと名づけて、今でいうエコバックの型紙を付録にしたのもこの年だった。
それから、かざぐるまのキルト展もひらいて。

それにしてもよくまあ、こんなに書いたなあ、ひんぱんに出してたなあ、
頭のなか、原発でいっぱいだったんだ。
忘れてることもたくさんあったけど、こうして残しておいたから思い出せる。

その当時の仲間たちで今もつながってるひとたちが石川にはたくさんいる。
そしてそのころはまだ幼い子どもだった人たちが、彼らのあたらしい発想で、今、原発に対して物申している。

そうやって引き継がれていく願いや想い。
かつてと同じペースでは息切れしそうだけど、若いひとたちを応援したいな。かつて、なにも知らなかった私を、脱原発の先輩たちが応援してくれてたように。

1月14日(土)、そんな若者たちが中心になって、120103__2
「グッバイ原発 ダンスパレード」

歌って踊りながら、みんなで原発のことを考えよう!

集合場所は、金沢中央公園 1:00〜
すこし練習して、すぐ出発。

楽器、鳴り物、持ち込み大歓迎。雨でも決行(ってことは、雪でもするってことかな)
途中参加も、離脱も大歓迎、とのこと。

主催は、グッバイ原発♪アーティストの会

http://goodbyegenpatsu.blogspot.com/2011/12/blog-post_23.html

|

« 鳥よ、鳥よ | トップページ | My gift of words の言葉たち »