« グッバイ原発パレード | トップページ | goodbye NUKE! »

2012年1月13日 (金)

はじめての雪

  

  はじめての雪
  熱いほほに
  ひんやりと
  点々と
  うつ
  このちいさな
  いじらしい
  ノック
  ありがとう

「ちいさなてのひらでも」という去年10月に出たやなせたかしさんの詩集の中の、「雪」という詩。はじめての雪を、いじらしいノック、だなんて、92歳のやなせさん、すてき。

津幡図書館で月に一度の、詩を楽しむ時間にて。

この日は、やなせさんの「雪」の詩を読んだおかげで、はじめてのフィンランド語を一つ、習いました。
フィンランド語で、ensi lumi -- エンシ ルミ。
エンシがはじめて、ルミが雪、という意味だそうです。

1月の詩の時間では、やなせさんのこの詩集の中から「石」「絶望」「蝶」「屑篭」などなど次々に読んだ。どの詩も、やわらかなイラストとともに、なんてやさしくて、あったかい。

この詩集に出逢わせてくれたのは、しおりアーティスト、とひそかに私が呼んでるきりりんさん。そのきりりんさん、しおり以外に、こんなすてきなカードもつくるひとです。120113_

|

« グッバイ原発パレード | トップページ | goodbye NUKE! »