« 暮らしと地続きで | トップページ | 城南さん、ふたたび »

2012年1月19日 (木)

城南信用金庫さん

福井県にある大飯原発が、ストレステストに合格したという。
その審査をする部屋に山本太郎さんたちがはいって、抗議してる様子が昨日のテレビで映し出されてた。止まってる原発の再稼働ありきで話が進んでくこと、怒って当たり前、おかしいと声あげて当然、と思う。

去年暮れに野田さんが出した、しゅうそく宣言。この言葉だって、聞きようでは、「終息」に聞こえちゃう。終わってない終わってない、収束もしてない、原発事故の現場。

武田邦彦さんのブログによれば、やっぱりいまだセシウムの値の高い日が続いていると書かれてる。原因はわからないけど、ゆるい警戒はしておいた方がいいんだろう。http://takedanet.com/

                     ****

原発が止まっていて火力発電を動かすのに燃料代が高くつくから、企業向けの電気料金をあげる、と東京電力が言ってるけど、脅し文句に聞こえちゃうのは私だけかな。
去年の春、東京での計画停電もほんとはする必要なかったと、河野太郎さんもはっきり言ってたから、なおさらそう思う。

原発が(動か)ないから電気料金が高くなるんじゃなくて、原発があることで、際限なくこの先も電気料金があがってくとしか、私には思えないんだけど。                          120114_

去年の春、早々に「原発に頼らない安心できる社会を」と脱原発宣言した城南信用金庫さん。12月には、脱東京電力もした。自然エネルギーで電気をつくって売る新しい電力会社と使用電力の契約をかわしたのだ。電気料金は年間1千万円の節減になるという。

そうそう、経産省も東電の電気はたしか使ってないはず。入札で東電より安い、別の電力会社の電気を買っている、って以前に読んだ記憶あり。

|

« 暮らしと地続きで | トップページ | 城南さん、ふたたび »