« お薄の日のシンクロ | トップページ | はじめての雪 »

2012年1月12日 (木)

グッバイ原発パレード

今日は、この冬一番の冷え込み。朝の道はつるつるでスリップ事故があっちでもこっちでも、とのこと。

土曜日の14日も寒そうだけど、私はあったか〜〜〜くして、これに参加する予定。
あなたも、めっちゃあったかくして、一緒にあるきませんか。

       ↓

「グッバイ原発パレード」
金沢の街で歌って踊るパレード!2012/1/14(土)13:00~ 
集合場所:中央公園 

鳴り物・楽器持ち込み歓迎!一緒に歩くだけでも大歓迎! 
http://bit.ly/rqyO9n 
ツイッター @goodbyegenpatsu

このパレードをしよう!と言い出した人は、藤沢さんという舞台女優さんだそう。
ふだんは東京に住んでるのだけど、今は舞台公演のため、金沢におられるのだとか。

このところ、脱原発の動きにいろんな人が連動してる金沢。
このパレードを知らせるすてきなちらしを描いた絵描きさんのかるべちゃんもまた、いろんなひとたちに参加を呼びかけてる。

                                                ****

原発をとめたくても、これだ!という魔法の一手なんかないんだ。120105_
これだけの現実を突きつけられても、「でも(原発)ないと」の呪縛は、いまだ沢山の人々を縛ってる。
節電、足りない、経済だめになる、そんな言葉ですぐに、原発に傾いちゃうひとはまだまだいっぱいいるよね。

               *        

東京新聞(こちらでは、北陸中日新聞)で目にした小出裕章さんの言葉が印象的だった。

3・11以来何かしなければという気持ちがあったが、何もしていない。なにかできますか、という質問にこう応えてらした。

 「こういう集会に行くと、どうしたら原発をなくせるか、と聞かれるが、知っていればやっている。私は、原子力の学問の場にいる人間としてやらなければならないことを続ける。歌のうまい人は歌えばいい。署名もデモも一つの手段だ。これだけは自分がやりたいと思うことを、皆さんがやるようになった時、原発は必ず止まる」

そうだね、これだけは自分がやりたいと思うこと、これならできると思うこと、大きい小さいにかかわらず、自分の、「これだけは」「こういうことなら」を、それぞれが見つけて、動くってこと。

                                            ***

このところ、福島と千葉でセシウムの値が急に高くなってるという気がかりな情報もある。
こんなときだから余計に、この北陸の地で、動けるときには動きたい。動かないで評論家でいるよりは。

武田邦彦さんのブログ読むと、地域によってはせめてマスクはしたほうがよさそうな。
http://takedanet.com/2012/01/post_゛4e36.html


|

« お薄の日のシンクロ | トップページ | はじめての雪 »