« 雨をよごしたのは 誰 | トップページ | 後藤さんのお話 »

2012年2月24日 (金)

3・11の前と、その日に

本屋さんに頼んでいた本が届いた。
「福島からあなたへ」(大月書店) by 武藤類子さん。

福島のハイロアクションのメンバー、というより、去年9月、東京での「9.19さようなら原発5万人集会」で、「私たちはいま、静かに怒りを燃やす東北の鬼です」と語りかけた、あの方です。
彼女のあの日のスピーチは瞬く間にネットにのり、youtubeでひろがり、何カ国語にも訳され。

本にはもちろん、そのスピーチ全文とともに、彼女の生き方が綴られている。本のタイトルの「〜からあなたへ」の「あなた」は、私であり、あなたであり。

                ***

彼女のそのスピーチも、3月9日(金)の朗読公演「100人の声・命を読む」http://asanogawaclub.web.fc2.com/
で、朗読されるそうです。場所は金沢駅前の県立音楽堂交流ホール。
12:00〜5:00。入場は無料。

この日、名古屋からやってくるバンドエイドは、なにを朗読するのだろ。聴きに行きます。

            ***

3月10日(土) 出前紅茶@ブックショップ リードさん
          http://www.read.book-store.jp/
  2:00〜4:00 参加費無料  tel:076−296−0230

リードさんは、金沢市大額にある、街角の本屋さん。石川県内の学校にもよく本を届けにいってらして、学校から「ほめ言葉のシャワー」のご注文があると、配達してくださってるのです。もちろん、お店に「ほめシャワ」や紅茶の本たちも置いてくださってて。

そしてこのリードさんには、知る人ぞ知る、本屋のホンちゃんと、リードのリーちゃん、という二匹の猫ちゃんがいるのですよ。

ことしでちょうど10周年のリードさん、この日は、東北に想いを寄せるひとときをお店で持ちたい、とリードさんが希望されての、出前紅茶。

店内には、写真集「三陸紀行〜未来に伝える東日本大震災の記録」(金沢の本谷文雄さん撮影)の、写真も展示中。

街角本やさんの店内で、東北の写真に囲まれ、かさぐるまフレンドシップキルトやちきゅうキルトに囲まれ、私の話を聴いていただけたらうれしいです。紅茶のこと、原発のこと、ほめシャワのこと、それがひとつにつながっていることも感じていただけたら。

     ***ちょっとおまけの話。
はじめにリードさんがつくってくださったちらしにはね、
「スウさん 特別紅茶会」ってタイトルになってたのね。あらら、これじゃ知らない人は、どんな高級な紅茶がでてくるのかしら!って思っちゃうよぉ。スミマセンが、出ません。きっと、ペットボトルの、午後の紅茶かと、まじで。でも、そのタイトルに、リードさんの熱い想いがこめられてるみたいで、なんだか、うふふ、、、なのです。

120222_

                  ****この白いバラ。プレゼントされてもうひと月以上たつのに、いまも咲いてくれてるの。不思議でしょ。

                  ****

3月11日(日)出前紅茶 
「3.11原発事故に想う 子育てといのちの未来」
        @福井県武生南公民館 2階講堂 1:30〜

武生南公民館は、ちょうど10年前、「男女共同参画公民館宣言」をして、この日は、その宣言から10周年の記念フェスタ。その一環で、出前にうかがいます。
半年前に越前でお話させてもらった時に、公民館の館長さんが聴いてくださってたご縁。

去年の出逢いが私にもとてもうれしかったので、それがこんなふうにつながってくことに、感謝。この日は越前にお泊りです。


|

« 雨をよごしたのは 誰 | トップページ | 後藤さんのお話 »