« スイシンジャー | トップページ | 「ふるさとをあきらめない」 »

2012年4月10日 (火)

みんなの電力宣言

120402_                   よりそうリュウキンカ →

                   *******

この4日間、ほとんど家に缶詰で、いのみら通信の発送作業をしてた。その折々にはいってくる大飯原発再稼働に向けてのニュース。もう国のやり方はめちゃくちゃだ。

たった2、3日でつくられた安全基準は、おおむねこれでよし、とされたらしい。事故が起きた時に実際必要とされる免震棟も、水素を逃がすベントも、これからつくる予定です、だけでよしとされるなんて、許されないことだと思う。

そして、原発なければこの夏、関西では電力が足りない、というおきまりのキャンペーンがまたしても政府発で展開されてる。

今日、大阪府市のエネルギー戦略会議で、足りないから再稼働するのか、と質問された関電の副社長は、受給と再稼働とは直接関係ない、とわけわからない答弁をしていた。

電力は足りてる、とスイシンジャーの中で小出さんも言ってたけど、もし仮に関電エリアで足りないとしても、真夏のピーク時にそれを足りさせる工夫はいくつもあって、それをエネルギー会議で、もと経産省官僚の古賀さんたちも提案している。

工夫次第でピークをさげられること、それをもっと多くの人に知ってほしい。かつて安全神話に洗脳された二の舞を、「この夏足りないキャンペーン」でくりかえさないでほしい。

            *******

「みんなの電力宣言」って知ってますか。

           ↓

-----------------------------------
★大緊急★
「みんなの電力宣言」で、原発の再稼働を止めよう!
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-248f.html
-----------------------------------
“私たちは、原発からの電力はいりません
いまだって、電気は足りてます
私たちは、原発ゼロの夏を宣言します”

原発はもうたくさん。子どもたちを放射能から守りたい。
それが、私たちの本音です。
しかしいま、大飯3・4号機の再稼働が着々と進められています
わずか2日で「安全基準」が作られ、再稼働の「政治判断」がなされようとして います。

私たちは原発からの電気は使いたくない! そんなストレートな声を、野田さんに、枝野さんに、そして意思決定に関係するすべての人たちに示していきましょう!!

一次締め切りは4月12日(木)午前10時です。
下記のフォームで宣言してください。(20秒ほどでかけます。よろしければ、メッセージも書いてください。)
https://fs222.formasp.jp/k282/form1/

        ****

とあったので、急いで宣言した。〆切が近いので、これまたあわてて。

「関電の副社長が、電力受給と再稼働の直接の関係はない、と、今日、大阪からの問いに答えていました。ではいったい何のための再稼働なのでしょう。

原発なしでこの夏を乗り切れる、そのことをみんなの努力で示したい。そして、経済よりもいのちを大事にする生き方を選びたい。

原発ゼロの夏に、私も共鳴し、ここに宣言の名を連ねます」と。

|

« スイシンジャー | トップページ | 「ふるさとをあきらめない」 »