« 大飯原発再稼働を問うシール投票  | トップページ | 6月のおしらせあれこれ・関東編 »

2012年5月31日 (木)

6月のお知らせあれこれ・石川編+福井

朝6時過ぎ、雑木林の向こうから登って来た朝日が、部屋にさしこんできた。
120531_夕べのニュースで、大飯原発を政治判断で動かすことに、と。大飯原発の安全は暫定的なもの、つまり、きちんとした安全対策がまだだと政府も認めた上で、動かす気らしい。
なにかあった時は、首相が責任をとるというけど、責任なんて誰にもとれないこと、もう誰もが知っている。

鳩山さんの時から、官邸かわら版というメルマガが官邸から届く。
意見を送れるフォームがあるので、再稼働には反対、のメールを出した。

「配信されたかわら版の最後に、堂々感のある政治を行いたい、との言葉がありました。
昨夜のニュースで、大飯原発を再稼働する政治判断をされたことを知りました。政府自身が、大飯原発の安全は暫定的なものと認めた上での、ゴーサイン。
原発なしで夏を乗り切ろうと多くの人が努力している、しようとしてる矢先のゴーサインは、すこしも、野田さんが堂々と政治をなさっているようには見えません。
残念ながら、原発なしの夏の実績をつくらせないための、慎重さを欠いた、駆け込み再稼働としか、思えません。
今の政府が、私たちのいのちよりも経済界を優先していること、以前よりさらにはっきりしました」

あなたがもしご意見送りたければ、
アドレスはこちら→https://www.kantei.go.jp/jp/forms/kawaraban_goiken_ssl.html  

***6月のお知らせあれこれ。

6月2日(土) 小松へ、出前紅茶

1:30~ @小松市西町 称名寺 tel:0761-22-0344
「この美しい地球を、未来の子どもたちのために」
 主催/いろりの会  参加費:500円(いろりの会員は無料)

ちきゅうもかざぐるまのキルトも持って、原発のお話をしてきます。
称名寺さんは、小松駅からすぐのすてきなお寺。コンサートや手作り市や、こんなお話会など、いろいろ。20年近く前にもお話に行った記憶あり。

    **

6月3日(日) 福井ではこういう集会が。

いのちが大事  今なぜ再稼働?
              ふくいでつながろう

12:00〜14:30
パート1:12:00〜13:00 ミュージック・パフォーマンス
パート2:13:00〜14:30 参加グループからのメッセージなど
@福井市中央公園
主 催/「ふくいでつながろう」実行委員会

★集会後、パレードを予定しています。
★ミュージック・パフォーマンスをご希望の方は、当日、11:30までに会場
に来て、その旨をお申し出ください。
★連絡先:原子力発電に反対する福井県民会議
Tel:0776-21-5321 山崎隆敏

    ****

6月4日(月)谷田部裕子さんのお話

「私が私であるために!〜東海村JCO臨界事故からチェルノブイリへ」
6:00〜8:00 @金沢東別院 真宗会館ホール
主催/ 真宗大谷派金沢教区教化委員会     参加費無料

1999年の東海村JCO事故当時、子育て中だった谷田部さん。そこから仲間たちと動き出し、今は若い人たちとも一緒に動いてる。5月、東海村で560人もが参加した「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会では、実行委員として司会役も。

          **

6月6日(水)ふつう紅茶に、お裕さんこと、谷田部さんがみえます。

お裕さんとは、藤田ゆうこうさんの講演録「あの日、東海村で何が起こったのか」がきっかけで、10年以上前に川越紅茶で出逢いました。
去年4月の川越紅茶にも、参加してくれてたね。
この日の紅茶にはお裕さんに会いに、能登から「きっと きっと」のご本の志田ヒロさんも見えます。

                   **

6月10日(日)「大飯を止めて原発ゼロに。さよなら!志賀原発集会」
@金沢市中央公園
10:30〜オープニングイベント、集会など。
12:00〜パレード
主催/「さよなら!志賀原発」実行委員会

同じ日の2:00〜4:00には、
ウクライナの歌姫と呼ばれるナターシャ・グジーさんのコンサートと
被ばく証言を聴く会が @中央公園となりの、石川県教育会館3Fホール
おとな 2000円 中高生 500円
主催/石川反核医師の会

(この日は、私は上京中で参加できないけど、せめてお知らせだけでも)

         ***120530__2

6月24日(日)とくべつ紅茶@水野宅 

鎌仲ひとみ監督の最新作「内部被ばくを生
き抜く」上映会

1:30open  2:00〜5:00 参加費 500円

4人のドクターへのインタビューと、二本松市のお寺さん一家の3.11後の日常を追ったドキュメンタリー。鎌ちゃんのナレーションがとてもよくて、わかりやすくて。
内部被ばくのことも、福島で生きるという現実も、もっとみんなで知って共有したい、と思って、野々市のお寺でこの映画を観るなり、紅茶でも上映会しよう!と決めました。

またブログにも再度おしらせ載せますが、どうぞどうぞ予定に入れて、津幡まで見にいらしてくださいね。
お問い合わせなどは、水野まで    tel:076−288−6092

 

|

« 大飯原発再稼働を問うシール投票  | トップページ | 6月のおしらせあれこれ・関東編 »