« 庶民の哲学 | トップページ | 東京へ、行ってきます。 »

2012年6月 5日 (火)

谷田部さんのお話

東海村のJCO臨界事故の時、そこから2キロのとこに住んでいた谷田部裕子さんのお話を聴きに、東別院へ。
お裕さんが、一言一言、自分のからだの深いところを通しながら語ってくださってるのがとても伝わって来る。

生まれた時から、原子力施設のあるのがあたりまえの地域で育った。地域で一緒に暮らす人たちを責めるようなことは口にできずにきてた。

1999年のあの事故が起きた日、どしゃ降りの雨の中を下校して帰ってきた娘さんを見た瞬間のきもちを、今も、彼女は決して、決して、忘れられないと言う。

近所の人とぎくしゃくしたくないから、批判しないできた。そうやって、自分を守っていたのだった。
大人の危機意識が足りなかったから、事故が起きた時の対処を考えず、子どもに教えても来なかった。大人が自分を守るためにしてきたことが、子どもを守れない結果を生んだのだ、と。

事故は隠されるのだ、中性子線の数字を訊いても教えてくれないのだ、被害が出ても無視されるのだ。JCO事故の時に当事者として経験したのと同じことが、福島の事故でも起きてる。しくみと質が、まったく同じ、と。

このひどい状況の中で、唯一、たった一つ、よいことがもしあったとすれば、それは、ちいさなグループが今、あちこちでつながりだしていること。たくさんの人が気づこうとするようになったこと。大事なものは何か、守るべきはなにか。

            ****
120520_

お裕さんの話はほんとに胸に痛いけど、でも聴きにいけてよかった。生の言葉で聴くことは、ネットで伝わる質感とはすごくすごく違う。子どもを守るために、大人は多少つらい想いをしても、ひと任せにしないで行動しなくっちゃなって、やっぱり思う。

お裕さん、明日6日の紅茶にみえます。
4時すぎの電車にのって帰らないといけないので、会いたい方、どうぞお早めの紅茶に。

****これにも、署名したよ。どうぞひろめてくださいね。***

          ↓

美浜の会メール・ニュース2012-8です。 

転送・転載歓迎です。重複して受け取られた場合は申し訳ありません。

◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆緊急ネット署名☆
★大飯原発3・4号の再稼働を断念するよう求めます

悲惨な福島原発事故を直視してください
事故の責任もとれないのに「私の責任で」と言わないでください
安全性はすべて置き去りなのですか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

皆さまへ
大飯原発3・4号の再稼働は風雲急を告げています。
今週末にも福井県知事が了承し、野田首相が再稼働を決定しようとしています。

再稼働に反対する多くの声を示しましょう。
グリーン・アクション、美浜の会、FoE Japan、フクロウの会、グリーンピースの5団体は、緊急ネット署名を呼びかけます。

ぜひ、ご協力お願いします。拡散してください。ツイッターなどでも広めてください。
署名は、福井と東京で提出予定です。

★署名の締め切り:6月7日(木)正午です。

★ネット署名は5団体のHPから入れます。
緊急ネット署名(美浜の会HPからは) http://www.jca.apc.org/mihama/

署名フォームへは直接こちらから。PCでも携帯からでもOKです。
https://fs222.formasp.jp/k282/form2/

|

« 庶民の哲学 | トップページ | 東京へ、行ってきます。 »