« 県の立ち位置 | トップページ | ものもお〜す+金曜日の金沢で+α »

2012年7月31日 (火)

夏休みのはじめての紅茶に

夏休みがはじまって最初の水曜日の紅茶に、お母さんと子どもたち3組、計10人が滋賀県からやって来た。そのうちの半分は、二度目の紅茶。前回はおととしの、やはり夏休み最初の水曜日に来たんだよ、という。

そういえば、おととしのその日の紅茶に来てたようこちゃんという小学生の女の子、お母さんたちがおしゃべりしてる横で、すごく楽しそうに集中して切り絵をしてて、こんな作品を置いていってくれてたのだった。その時、ブログに載せたのを、またここに再録。

Photo
滋賀・石川日帰りの旅、今年のコースはこんなだそうだ。
朝、滋賀を一台の車で出発、金沢の酒蔵を見学してから、浅野川べりで持参のお弁当を食べ、それから午後の紅茶へ。夕方に紅茶を出て、途中、北陸道の徳光PAで車をとめたら海へもちょこっと寄り道。(寄り海?このPAから海へは、歩いて2分で行けるので)
なんと元気な、若いお母さんたち、そして子どもたち!
ガソリン代と高速料金だけですみそうな、夏休みの一日。

このお母さんたち、「滋賀大好き隊」というグループをつくって活動してる仲間だそうだ。っていうのも、今回はじめて知ったこと。

パーソナルポートフォーリオというものに出逢って、自分のことを好きになる、相手のことも好きになる、お互いに認めあう。そういう輪をひろげていってるみたいだ。

ポートフォーリオ、といえば、中学の先生してる由美子さんからも聞いたことがあったっけな。

彼女たちの、滋賀大好き隊のHP http://www.geocities.jp/sigadaisukitai/ を見たら、そうそう、こちらも同じく、岩堀さんという方のポートフォーリオから始まっていたのだった。

                       ****

この日は、3月から金沢の四十万で、「しじま紅茶」という心を語りあうサロンをひらくようになった洋子さんが、紅茶にははじめて、という一人の友人を連れてみえた。

その方は、四国の高松に住んでいた24年前に私のことを知って、いつか逢いたいとずっと思っててくださってたそうだ。
1、2年前の転勤で金沢に移って、何かのご縁で洋子さんと出逢い、洋子さんが古くからの紅茶仲間だったことを知って、この日の初紅茶に。

Photo_2

長く続けてるとほんとにいろんな出逢いや、出逢い直しがある。何年ぶりに訪ねてくれる人と会うと、その間の、それぞれの人生のドラマをかいま見せ合う。

              ***

ここんとこ、紅茶のブログは原発のことばかり綴ってるけど、それでもこんなふうに毎水曜日の、何でもない、ふつう紅茶はあいかわらず続いていて、毎週毎週、ささやかなドラマが、生まれる、育つ。

それが、私の川の流れの底にいつもあるから、原発に対しても、ずっともの申すことができてるのかもしんない。

明日は、2:00〜「内部被ばくを生き抜く」のミニミニ上映会@紅茶です。
観にこられる方は、参加費の500円をよろしく。


|

« 県の立ち位置 | トップページ | ものもお〜す+金曜日の金沢で+α »