« 森は海の恋人、牡蠣の畠山さん | トップページ | どいね+ぶどう狩り+ManQ先生 »

2012年8月 7日 (火)

東京クラブランナーズのCDブック 「どこまでも一緒に」

畠山さんのお話は、金森俊朗さんたち学校の先生があつまる夏の勉強会の基調講演だった。

講演の前に、川崎正美さん+草汰くん父子のデュオ、「雪のちゃんぷる」のミニミニコンサートがあり、その場で、できたてほやほや、東京クラブランナーズのCDブックが誕生したことも紹介された。
120808__2筋ジスのなべちゃん、クッキングハウスメンバーのよっちゃん、水頭症の草汰くん、この3人が歌をつくり、コンサートで歌ってきた11年間の集大成ともいえる、記念すべき一枚のCD。

歌詞と、その歌にこめた思いや誕生したドラマ、つながってきたひとたちのコーラスやメッセージもいっぱい織り込んで、一冊の本になった。

 ♪ハンディキャップという名の 帽子をかぶって
   明るく生きる クラブランナーズ、
   どこまでも一緒に 走っていこうよ

という「どこまでも一緒に」の歌が、CDブックのタイトルに。タイトル文字は、by草汰くん。

曲目は他に、「銀色のランナー」「海に向かって」「君は君の主人公だから」「愛しのしびんちゃん」「街の不動産屋さん」「君は野の花」など、全15曲。

120808__4

120808_cd

クラブランナーズの師匠である笠木透さん、増田康紀さん、フォークグループ「でえげっさあ」のメンバーたち、金森俊朗さん、クッキングハウスの松浦さん、それに私のメッセージもちょこっと。 

120808__5

このCDブック、紅茶にもすこしおいてます。
1枚2000円。手にとってごらんくださいね。
ブックデザインとCDのレーベルデザインは、by mai works

|

« 森は海の恋人、牡蠣の畠山さん | トップページ | どいね+ぶどう狩り+ManQ先生 »