« 夏休みに逢えるひとたち | トップページ | 今日で8回目の「どいね☆げんぱつ」 »

2012年8月22日 (水)

28回目のぶどう狩り

お盆過ぎの日曜日、ぶどう狩りとおはなし会へ@かほく高松の律子さんち。

28年前に、紅茶ぶどう狩り+おはなし会、としてはじまったものが、今では夏に一度の、誰でもどーぞの一日となり、文庫のお母さん、おはなしを語るひとたち、親子連れも、一人参加も、まぜこぜおはなし会の日、になった。

ことしは、長野県から「おはなし畑」の6人の方々もきてくださった。
しおりアーティストのきりりんさんも、紅茶にときどきくるさわちゃんも。

                   ****

120819_ ← 今本さんちのぶどう園で、ことしデビューしたハニーヴィーナス。

一見、マスカットみたいけど、さわやかでしっかりした味わい。まだ採れる量がすくなくて、園に今あるだけ、と聴いたので、今年はこれをメインにあじわう。

        ***

ことしのおはなし会は、とってもバラエティ豊か。

第1部は、てあそび、律子さんの読む「へいわってどういうこと?」の絵本につづいて、憲法13条を歌にした「♪ほかの誰とも」。

第2部は、この日のゲストの、おはなし畑のみなさんの、長野の言葉でかたる昔話。
グループのおひとりは、沖縄出身。「てぃんさぐぬ花」という歌を、島のあの独特の歌い回しとよい声で、聴かせてくださった。

長野の方たちが帰られたあと、この日は第3部もあって。

はじめてきく、中国の昔話。そしてぶどう狩りのおはなし会ではおなじみのアキコさんが、地元宇ノ気の、めっちゃゆかいな昔話を。

                  ****

この日の様子は、律子さんのはまなす文庫のブログ
http://ameblo.jp/hamanasubunko/  にくわしく。

こういう時間がもてること、みんなで好きな場所で集えること、平和への想いを自由に語れること。それが、9条や、13条を、暮しの日々に活かすってこと。

いつも大事な場を作ってくださって、律子さん、ありがとう。おかげで私も、13条の歌をみなさんに聴いていただく機会をもらえて。

今年もこれでまたひとつ、ぶどう狩りの歴史が年を重ねましたね。

|

« 夏休みに逢えるひとたち | トップページ | 今日で8回目の「どいね☆げんぱつ」 »