« どいね☆原発、今週から2カ所に | トップページ | 類子さんのお話と、石川ピース9フェスティバル »

2012年9月 1日 (土)

県庁前で

昨日、8月31日県庁前での初「どいね」は、雨の中だった。6:00〜7:30

北電前と二カ所にわかれての、この日が一回目、
しかもすぐ近くの会場では、活断層の専門家の渡辺満久さんの講演会、顔なじみはそっちに聞きに行ってる人が多いので、県庁前の集まりがすくないのは、覚悟のうえだ。

「どいね」に初めて参加したという、千葉から石川に移り住んだ若いお母さんの話に、胸が痛かった。
住んでいた地域がホットスポットだったようで、ご自分にも子どもたちもからだにいろいろな症状がでて。
義父さんの亡くなられ方は、ほんとうに痛ましかった。白血球の値があっという間に何万となり、、、。
そのごく狭い地域のご近所だけで次々に亡くなられた方の多さに、愕然とする。

                ****

Photo 県庁前のひろい大通りには車もいっぱい通る。明るいうちは、道路にむかって旗をひろげて立ってるだけで、かなりのアピールになる。

金曜夜は早々に退社することになってる北電さんと違って、県庁にはいくつものあかりが灯る。職員さんには、私たちの声が聴こえてたろうか。

この日、お父さんと一緒に参加した4歳と6歳の坊やの、「げんぱついらない」「さいかどうはんたい」という、高く響くよく通る声にあわせて、おとなの私たちもコールした。

先週の、北電前8回目のどいね、の雰囲気がよくつたわる写真がこちら。
金沢弁満載。
http://doine-k.blogspot.jp/2012/08/vol9.html


|

« どいね☆原発、今週から2カ所に | トップページ | 類子さんのお話と、石川ピース9フェスティバル »