« 県庁前で | トップページ | 原子力きせいいいんかい人事案 »

2012年9月 8日 (土)

類子さんのお話と、石川ピース9フェスティバル

120822__3   9月にはいって、朝晩ずいぶん涼しくなってきた。
朝夕は、庭でさまざまな虫たちの奏でが、なんともうっとりするような秋のオーケストラ。

裏の空き地では、丈の高い草たちの間から、たくさんのスカシユリが白いラッパを次々にひらかせて、それはそれは美しい眺め。

紅茶のお母さんから数年前にわけてもらった、一本の、枯れたスカシユリ。
その中には種がいっぱい入ってて、それを庭で、神主さんのおはらいみたいにして振ったんだけど、葉っぱの繁りすぎてるわが家の庭ではあまり芽を出さず、北側の塀沿いに、その後、いっぱいスカシユリが咲き出した。

今度はその種たちが、下の空き地にしぜんに降りて、蒔かれて、白いラッパの園、が出現したのだろう。ベランダからその園を見下ろすたびに、ほっとする。

*******

8月末から9月初めにかけて、終わらない夏休みの宿題にいまだとりくんでて、ブログもまめに書き込んでない私です。
ちょっと一段落のすき間を縫って、9月のおしらせを。

081110_ 9月20日(木)武藤類子さんのお話
「福島の女たちの想い〜未来へつなげる たたかいの今」
6:40〜9:00 @金沢市文化ホール2F大集会室 資料代500円

類子さんは、去年9月の「さよなら原発」6万人集会で、そして今年7月の17万人集会で、胸の深くまで響いてくる、すばらしいスピーチをされた方。

あの原発事故の責任を、誰もとらず、処罰もされないのはおかしい、と福島の人たち1、324人が「福島原発告訴団」をつくり、東電社長や政府の人たちを告訴しましたが、類子さんはその団長さん。この機会にぜひ類子さんのお話を聴いてね!私も聴きに行きます。

お話の後、福島県民以外でも告訴人になれる、北陸告訴団の説明の時間もあります。

参加される方は、こちらのHPから、講演会のお申し込みをお願いしますね。
要予約とのことです。
http://kokusodan-h.haisai.me/2012/09/desc/

***Photo

9月23日(日、祭日)いしかわピース9フェスティバル
1:00〜5:30 @金沢市民芸術村 
ステージはパフォーミングスクエアで 
展示部門は里山の家で 参加費1500円(当日1800円)

9条を大切にしてる県内のいろんな人たちが、自由にその想いを表現しあうこのフェスティバル。
太鼓あり、フォークの歌あり、コーラスあり、のまりんの紙芝居あり、類子さんの去年9月のスピーチの、朗読あり。

今年のゲストは、笠木透さんと雑花塾。ずーっと前から歌い継がれてきた笠木さんの歌「♪私の子どもたちへ」も、もちろん聴けます。

笠木さんはこの春、この歌をはじめ、震災や原発事故をテーマに創作した歌を収めた、新しいCD「私の子どもたちへ」をリリース。
この日も、その新曲たちが歌われることでしょう。笠木さんたちのステージは、4:00からフィナーレまで。75歳のフォークシンガー、笠木さんの歌をぜひ。

9tea(紅茶9条)で出演する私は、憲法13条をもとにつくったオリジナル「♪ほかの誰とも」を歌います。(たぶん2:15ころから、この一曲だけを)

里山の家では、田鶴浜の志田さんの友禅染め額も展示されますよ。その他、彫刻や写真やキルトや絵手紙の作品なども。

前売り券、あります。予約して当日清算もできるので、行けそうなら水野までどうかお電話くださいませませ。 tel:076−288−6092

|

« 県庁前で | トップページ | 原子力きせいいいんかい人事案 »