« お知らせふたたび、あたらしいのもまぜて。 | トップページ | 明日、金沢で、岐阜で。 »

2012年11月 2日 (金)

6度目の、原始林窯展

121027_10月末の土日の二日間。この12年間で6度目になる、げんこりんちゃんたちの原始林窯展@紅茶ギャラリー。

今回は、いつにも増してとくべつな二日間に思えました。

土曜はしずかに、日曜はにぎやかに。前日の27日、CDブック出版記念パーティのあった東京クラブランナーズの仲間たちもやってきて。

土曜午後には刈谷の酒井君がやってきて、真夜中近くには、クラブランナーズのパーティからもどった娘と彼さんも帰ってきて。

あとから振り返るとどの日も、どの時間帯も、ちょうどの人数とちょうどの顔ぶれ。ちょうどの組合わせだったからこそ、語れる話、わけあえる時間、が生じたのだなあ、と。
搬入の金曜日からはじまった二泊三日、げんこりんちゃん&お客様との時間は、文字通りの、とびきりいちごいちえギャラリーでした。

               *******

こりんちゃんが、文様について書いた短い文章を、持ってきてくれてた。何度読んでも味わい深くて、こころにしみてくるので、その一部をここにーー。

「焼き物に限らず、あらゆるものに文様があります。人が誕生して以来ずーっと。
それは、その時々の人々の祈りと願いがこめられて来たからこそ、何百年もの間、延々と受け継がれ、アレンジされ、今に至っているのだと思います。

文様を描いている時、その間中、祈っている気がします。
古くからある古典文を描いている時、淡々としたリズムの中にすっかり心が静まり、手だけが勝手に動いているかのような一瞬があります。 その時、無限の世界(宇宙のような)とつながっているような、不思議な感覚になる時間です。

以前、作品展に来てくださった老師様が、描いた鉢の文様をご覧になって、まるで写経のようだ、とおっしゃったのです。
その時、やはり文様は祈りだと確信しました」

121027_1029

こりんちゃんはその文章の中で、タコ唐草や矢羽根や青海波や麻の葉、七宝、、といった各文様にこめられている願いについても書いている。もっと読みたい方、どうぞ紅茶にきてその続きを読んでみてくださいね。

こりんちゃんがお皿の絵を描く時、いつも祈りながら描いてること、
祈りながらどんどん無心になっていくこと、そのことは前からお聴きしてたけど、
そのことがとりわけ、去年の春以降のあの日々を過ごすこころを、どんなに救ってくれていたか知れないこと、今回のげんこりんちゃん展であらためて聴かせてもらった気がする。

祈りのこもったお茶碗やお皿を使う時、その祈りも、こりんちゃんの時間も、私は一緒にいただいているのだなあ。と同時に、その線の一本一本は、こりんちゃんのこころを平安にする、祈りの線であり、祈りの時間でもあったのだなあ。

*********

去年の今頃は、一年後に石川に来れるかどうかも、いつものように原始林窯展@紅茶を開けるかどうかも、まったくわからなかったという。
ほとんどのお茶碗がこわれ、屋根もこわれ、窯もこわれた、去年3月からの原始林窯の日々。

今回持って来たのは、なにもかも、一からつくったお茶碗やお皿ばかり。
来れたことだけでもこんなにしあわせ、と何度も言ってた二人。

私は祈りのこもった桜のお皿と、子猫たちがみあげてる蓋つき小鉢を。121028_
京都から親子で来てくれた左古魔女さんは、25年前に亡くなった愛猫をお皿に描いてもらう注文をだし、
紅茶のTさん、Rさん、Iさんは、この2年の間に生まれたお孫さんのためのお茶碗を注文し、
ほんのつかの間、日曜の午前中だけ、原始林窯展に居ることのできた娘は、どのお皿にしよう、あれもすてき、これもいいなあ、とまだまだ迷い中で。

来春、紅茶のみなさんの出したわがままな注文の器ができあがって、紅茶にとどいて、それを見せてもらうのがまた楽しみ。
紅茶の家主の役得です。

          *******

那須までの帰り道、げんこりんちゃんたちは、
「私たちくらい幸せな仕事させてもらえてる人っていないんじゃないかなあ、みなさんにあんなによろこんでもらえて。私たち、こんなに幸せで本当にいいのかなあ」
って、車の中で、何度も何度も語り合ったそうです。

じゃあまた、再来年逢いましょう、と、誰ともなく約束をしあって、その日を待つ。

次回の原始林窯展では、この10数年間、毎年40枚だけつくってきたというイヤープレート(その年その年の、とくべつのお皿)の物語を、紅茶ギャラリーの中で語っていただく予定です。

121027_1031 今回いらしてくださった方たち、本当にありがとうございました。
ご注文の器ができあがりましたら、原始林さんからお知らせハガキが届くはず、それを待って、また紅茶にいらしてくださいね。

 

|

« お知らせふたたび、あたらしいのもまぜて。 | トップページ | 明日、金沢で、岐阜で。 »