« ネパールセータ―展@紅茶 | トップページ | 秋田へ、いってきます。 »

2012年12月 5日 (水)

KAKANI-NEPAL

121202_ 12月にはいっての初紅茶は大忙し。

2日の日曜日にもひらいたネパールのセーター展を、紅茶に見に来てくれる人たちが、つぎつぎに。

その横で、急なご注文にこたえるべく、『ほめシャワ』の封筒はりや、『贈りものの言葉』のレースペーパーはりを、せっせせっせ。ひさしぶりの家内制手工業作業所風景。

    ****

激しくふきつける雨のなか、ずいぶん濡れながら、はじめてやって来たひと。愛知県からですって!まあまあ、こんな寒い雨の日に、ようこそようこそ、といいながら、その方にも封筒はりを手伝っていただく。

あったかそうな、手編み風セーターを着てらっしゃるので、それもきっと手で編んだものですよね、と訊くと、「ええ、きっと同じところのだとおもいます」

!!背中のタグをみせていただくと、たしかに、「KAKANI SWEATER-NEPAL 草木染め手編み」と書いてある!び、びっくりです。

この方は何年か前に名古屋あたりのYMCAのバザーで、このセーターを買われたらしい。愛知とくらべて石川は寒そうだからこれを着てきたんです、と。
うれしいなあ、20年以上にも渡る近藤愛子さんのお仕事は、こんなふうにひろがっていってるのだね。

手作業しながら、そのかたとお話する。

彼女は、『ほめ言葉のシャワー』を初めて見た時、なんか、“かゆかった”のだという。
だけど、そのあと『贈りものの言葉』を見つけて読んでくれて、そしたら、涙がぽろぽろでて、そうか、そういう意味だったのか、と。
それからあらためて『ほめシャワ』にもどって、読んでみたら、もうかゆくはなかったんだ、、、。

こんな本をつくったひとにきっと逢いたい、って前から思ってて、それが今日という日の初紅茶に。

―――こんな感じ方をする方が、逢いに来てくださるしあわせ。『贈りもの』をつくって、本当によかったなあ〜って、思える瞬間です。いちごいちえよりももっと、一瞬一会です。

目のとってもきれいな、きもちのまっすぐ伝わってくる方でした。きっとまた、紅茶でお逢いしましょう、紅茶のためだけにはるばる来てくださって、ありがとう。

       ****

今年最後の紅茶は12月26日。その日には大分からはじめての方が見える予定です。

新年1月2日の紅茶はお休みさせていただきます。

|

« ネパールセータ―展@紅茶 | トップページ | 秋田へ、いってきます。 »