« 未来の党から | トップページ | KAKANI-NEPAL »

2012年12月 2日 (日)

ネパールセータ―展@紅茶

121202__10 12月2日の今日から、紅茶でネパールのセーター展。
こんな看板を紅茶のドアにはりだして。

ヒマラヤ山脈をのぞむ段々畑の村「カカニ」のおんなの人たちが、山麓の羊の毛糸を山の草や木で染めて、手編みしたセーターたち。

笠木透さんのお姉さんの、近藤愛子さんが1991年から、学校のないカカニ村に、せめて読み書きが出来るようにと小学校を建て始め、その4年後から、村のおんなの人たちに、草木染めの方法と編み方を教えに行かれたとのこと。

少しでも、女性たちが自立して生きて行けるようにと、その手助けを、愛子さんがずっとしておられる。

そうやって出来上がった作品を、愛子さんとつながりのある日本各地のひとがあずかり、ちいさなセーター展をひらいているのです。

                  ********

今日は小松のさわこさんが、おおきな段ボール箱にいっぱいのセーターを持って来てくれたよ。

紅茶のいつものブナのテーブルに、セーターをならべたところ。
121202__11カーディガンは8000円
フードのついてるのは9000円
ベストは7000円
どれもびっくりするほど軽くて、あたたかいです。
その他に靴下や帽子など。

初日の今日は、夜までお店をしたけど、
このあとからは、いつものふつう紅茶の時間内に、さりげなく、ひらいてます。
セーターたち、1月半ば頃まで、紅茶でおあずかりしてます。
どうぞ手にとって、着てみてください、
見るだけでももちろん大歓迎。
こんな活動をしてる愛子さんのこと、カカニの女性たちのこと、知ってもらえたらうれしいので。

                       *******

今日は、さわこさんがいる間にと、紅茶のたかちゃんとまさみさんが、3人でコカリナの練習を。

来年の3月20日(水曜で祭日)に開く、紅茶もちより音楽会で、コカリナを演奏してくれる3人。今日、曲目が決まり、これからは自主練習の日々だそうです。
楽しみだな!!

紅茶の時間は、先週、29歳の誕生日をすぎ、30年目にむけて、あゆみだしました。
なにもおおげさなことはかんがえてないけど、この一年という時間を、紅茶にくる人たちとともに、できるかぎりこころ豊かに、shareしたいと思ってる。
3月20日のもちより音楽会も、その一環です。

                ******

今日の紅茶にBGMで流れていたのは、ほっとらいんさんのよし笛とギターの、なつかしい曲ばかり。
琵琶湖ちかくに住んでるお二人の、「湖の詩」というCDも、あわせて紅茶で販売しています。2枚組で、2500円。

来年は、このお二人にもきっときていただいて、紅茶で生の演奏をお聴きしたいな。

12月にはいったので、紅茶もちょっとクリスマスっぽくなったよ。
121202__12


 

|

« 未来の党から | トップページ | KAKANI-NEPAL »