« 『紅茶なきもち』のあるところの、続き | トップページ | ♪ほかの誰とも@べんさんコンサートin丸岡 »

2013年3月25日 (月)

津幡の花、西東京の庭木

3月初めのいのみら通信で、庭のリュウキンカの葉がもこもこ茂って、まだ見えない蕾の準備中、と書いたのだけど、このところのあったかさ(といっても、朝晩はかなり冷えるのだけど)で、一気に花が咲き出した。
120321_

春一番の、まぶしい金色の花。リュウキンカ。ちかぢか、庭中で輝きだすでしょう。

玄関先の鉢植えの、プリメラメラコイデス(が本名だったかな、いつも桜草っていってしまうけど)も、いまが満開。
そして、ああ、いつのまに、忘れな草の葉っぱも、もこもこ育っていて、しっかり花の準備中です。

                       *******

西東京の家の玄関先にあるのは、古いアジサイの木。
娘は冬の間に見て、もうすっかり枯れた木とばかり思っていたのが、3月になったら新芽が次々出てきたものだから、そのことに新鮮に感動してた。
そうだよ、枯れたようにみえても、その中でいのちは巡っているんだね。

このところ毎月、姉の家の整理で東京にかよっている娘。
3月の上京時、ついに、駐車場の重い重い鉄の扉もかたづけ屋さんの手でとりはずされ、あわせて古いエアコンも、古い冷蔵庫も、古い掃除機も持っていってもらえて、本当にありがたいこと、この上なし。

4月には、18日川越紅茶の読書会、19日クッキングハウスへの出前紅茶、そして21日と22日が西東京紅茶ファイナル、と、私も上京するのだけど、その時にはだいぶ家の中も外も、かたづいて別人みたいな顔してるだろうな。

4月の東京のおしらせはまた後日、もうすこしくわしく。

|

« 『紅茶なきもち』のあるところの、続き | トップページ | ♪ほかの誰とも@べんさんコンサートin丸岡 »