« グリーンズジャパン・緑の党のこと | トップページ | 「選挙2」観てきました。 »

2013年7月14日 (日)

映画「選挙2」@シネモンドと、DVD「日本国憲法」@紅茶

シネモンドで先週からはじまってる、想田和弘監督の話題の映画「選挙2」。
13日から19日まで、10:15~(2時間29分)@香林坊シネモンド

舞台は2011年4月の川崎市議会選挙。
震災で実施が危ぶまれた統一地方選。
主人公は05年小泉自民党落下傘候補で徹底的なドブ板選挙で当選を果たした「山さん」こと山内和彦。
07年は自民党の公認を得られず不出馬。主夫として育児に従事していた山さんが原発問題を積極的に取り上げようとしない候補者や原発安全報道に怒りを感じ、急遽立候補を決意。

カメラに映るのは放射能におびえながらも整然と機械的に営まれる日本的日常、相も変わらず繰り広げられるお馴染みの選挙風景。日本人はいったいどこへ行こうとしているのか? 想田観察映画が問いかける!

                  *****

Photo 明日、7月15日(月曜・休日)、この「選挙2」を観て、美味しいランチを食べながらお話ししよう!という楽しい企画あり。

選挙の前に、「選挙2」、かならず見に行くぞ〜〜〜、と決意してたけど、こんな企画があるなら、と明日、見にいくことに。

想田監督も、「できれば大勢で観に来て欲しいですね。普段政治の話をしない人でも、改めて変なことばかりの日本の選挙を映したこの映画を観ると、色々と話がしたくなり会話が盛り上がると思います。参院選前に観てもらって色々と考える機会になればいいですね」って語ってる。

ちなみに、お昼ご飯は FULL OF BEANS http://www.fullofbeans.jp/ だそう。

月曜日はご無理な方。ぜひ19日までの上映中に、できたら、見にいってね!

                ******

お時間ある方はこっちも読んでみてくださいな。
「観察映画」で見つめる「選挙」 想田和弘監督インタビュー。

            ↓
みんなのミシマガジン(おもしろい本をいっぱいだしてるミシマ社という 出版社の、ミシマガジン)の、今月の特集が、監督のインタビューです。
第1回 映画はネタじゃない
http://www.mishimaga.com/special01/014.html
第2回 主権者は消費者ではない
http://www.mishimaga.com/special01/015.html
第3回 観客はキャッチャーではなくてバッター
http://www.mishimaga.com/special01/016.html
第4回 売り方は、つくってから考える
http://www.mishimaga.com/special01/017.html

             ******

もひとつ、映画のおしらせ。

今週水曜日の紅茶の時間では、2:00〜 映画「日本国憲法」のDVDを見る予定です

今、紅茶の本棚から、ベアテさんの本「1945年のクリスマス」など借りて行ってくれる人がけっこうふえてるので、選挙の前に、ベアテさんの映像もみてもらえたほうがいいなあ、と思うし、ダグラスラミスさんや、ほかの方のお話もとってもいいので。

関心ある方、どうぞ今週の紅茶においでくださいませ。
ゼロクマくんが応援してる「緑茶会」のことも話しましょ。

|

« グリーンズジャパン・緑の党のこと | トップページ | 「選挙2」観てきました。 »