« シュウダンテキジエイケン | トップページ | mai works in 東京編 »

2013年8月13日 (火)

8月と9月のお知らせ

130812_ あす8月14日。世間はお盆休みってとこもあるけど、紅茶はいつもと同じに、OPEN.1:00〜6:00
でもきっといつも以上にすいてる紅茶でしょう。

       *******

翌週21日は以前お知らせした通り、かほく高松の細川さんちへ、ぶどう狩りとおはなし会。津幡の紅茶は留守します。

もう29年続いてる、恒例夏の、ぶどう狩りおはなし会に、紅茶は毎年参加してるのだ。
ことしは川越紅茶のジュンコさん、なみちゃんも参加して、紙芝居を見せてくれるよ!

 10:00    はまなす文庫集合(お弁当・お茶を持参してくださいね)
 10:20~  ぶどう狩り(お隣の今本ぶどう園へ)                  
 11:45~  昼食(はまなす文庫にて)
 12:30~  持ちよりおはなし会(13:45ごろまで)
                   (早めの昼食・おはなし会になるので、ご注意)          

参加ご希望で場所がわからない方、水野までお問い合わせくださるか(tel:076-288-6092)、または細川さんに、早めにお尋ねくださいませ(tel:076-282-5640)。

                 *******

8月23日(金)
AKIRA LIVE 〜〜 あなたのままでだいじょうぶ

開場 18:30 開演 19:00
@金澤町屋 Gallery & Cafe 椋  東山バス停下車すぐ前の、築100年の、すてきな町家ギャラリー。http://www.gallery-muku.com/
料金 : ¥2000
申し込み先 : 076-255-6106 (Gallery & Cafe  椋) 090-7434-6238 (後藤)

コンサートに行く方、直接、椋さんにお電話を。私も申し込みました。
ちなみに、椋さん、昨日から15日までは、お盆休み。

                   *******

私の出前紅茶、9月のお知らせ。

9月1日(日)
以前にお約束していた京都の本屋さんへの出前が延期になり、急遽、場所を移しての、出前ワークショップ。
本屋さんに行く予定してた方たちが、そっちに移動?してくれて、たちまち定員になりました。

ワークショップはこじんまりした人数でしたいなって思ってるので、今回はお声かけれなかった方、ごめんね。

先週は、金沢のあかりプロジェクトさん、というNPOへ、3時間枠のワークショップ。
それも少人数なればこそ、いろんなきもちが出たかなあ、出せたかなあ、って思ってます。

          ***

9月2日(月)
和歌山の cafeムロさんへ、お話とワークショップの出前。
たぶん11時頃から、お昼一品持ち寄りで3時頃まで。
参加費は2000円。

ムロさんは14日〜16日までお盆休みで石川に帰って来る。
16日のもくゆうりんさんでムロさん親子とランチデート、その時に、出前紅茶のうちあわせもします。

ムロさんのすてきなHPは、こちら→http://cafemuro.blog64.fc2.com/

今見ると、キジバトさんがおうちつくって卵あっためてる最中の様子が見れます。
つまりムロさんはキジバトファミリーの大家さん、ってこと。

ムロさんは、いそがしい日常のなかから、ちっちゃなうれしい、ちっちゃないいこと、を見つける名人。すてきなひとです。

cafeムロさんへの出前紅茶のご案内は、追ってまた。

          ***

9月3日(火)は、大阪市教育センターさんからのご依頼で、お話の出前。

センターって何するところですか、とお訊きしたら、学校の先生たち向けの研修会を企画、主催するところ、とのこと。
7月に西宮に行った帰り、大阪で担当の方とうちあわせ。気さくな先生方で、私もだいぶ安心した。

そもそもなんで私に出前のご注文がきたのかな、とその時はじめてお尋ねした。

センターがおよびした、それぞれ別の講師の方からあいついで、『ほめ言葉のシャワー』の冊子と、紅茶をしてる私のことが語られて、ほめシャワ、紅茶、what?、ってことから関心を持って、とのこと。

実際に冊子も読んでくださった上で、春ごろ、mai works経由で、出前のご注文をいただいたのだった。           

お話終わったら、翌日が水曜日なので、火曜日の夜のうちに石川にもどります。

            ******

この前、高岡の出前先で、毎水曜に開け続けることのご苦労は、みたいなこと訊かれたけど、それってとてもいい質問だと思った。

私にとって水曜日の紅茶は、ほどよいしばり、大事な制約。

私の性格上、あんまり自由すぎると、きっと糸の切れた凧になってしまって、出前の旅がずるずる長引きそうだもんね。

出前の旅は、多少しんどいことがあっても、楽しい、うれしい、幸せ、のほうがいつも勝る。
知らない土地のいちごいちえは、わたしにとっての、生の、人間学校。
そして毎回、自分が出した以上のエネルギーや貴重な学びを、出逢った人たちからもらって帰る。そのおかげで、私もまた元気でいられるんだろな、って思ってる。

それを持ち帰るための、水曜日の何気ない、ふつうの紅茶がある、のだとも思う。
そんな旅先のお土産話や学びのおつり話を聴くこと、楽しみにしてくれてる仲間もいて。

           ****

写真は、21美からもらってきて種を蒔いた朝顔のひとつ。
ヘクソカズラの方がずっとえばってるね。ヘクソだなんて、名前は聞こえが悪いけど、ちいさなお花はかわいらしいよね。

130812__2

|

« シュウダンテキジエイケン | トップページ | mai works in 東京編 »