« 原発の現状 | トップページ | AKIRA LIVE〜あなたのままでだいじょうぶ »

2013年8月 9日 (金)

高岡で。

130807_ 昨日は、富山県高岡厚生センターと高岡地域精神保健福祉推進協議会(長い名前!)の主催で、高岡にお話の出前。

対人援助のお仕事のかたや、ヘルスボランティアのかたたちにまじって、懐かしいお顔発見。今から15年も前によく紅茶にきてた女の子のお母さんだった。

すぐに席をたって、やわらかい、うれしそうな顔であいさつしてくださった。その子のこと、ずーっと気になってたので、お母さんとすこしお話できてほっとする。
私が話してる間中、何度もうなづきながら聴いてくださってたのもありがたく。

息子さんの病院から、おそらくいっとき抜け出して逢いにきてくれたんだろう、若いお母さんもいた。
「彼はとっても強いんです、今度あったらその自慢話をさせてください。今はなかなか紅茶にいけないけど」
とお母さんからのメールにあったのだけど、それはしんどい病気に今、真剣に向き合ってる彼の強さのことだったと、きのうはじめて知った。
お母さんの細い方を抱いてギュっ!のハグ。
彼が元気になって、親子3人で逢いにきてくれること、心から祈ってるよ。

めずらしく残り時間15分で話を終えれて、その後は質問タイム。みなさんからつぎつぎ質問があって、話し残した(話し忘れた?)話も、おかげでできたかな。

最後に質問した若い彼は、あとから、「10年以上も前に一度紅茶にいったことがあるのを思い出しました」と言いに来てくれた。今は精神保健福祉士さんとして働いてるそうだ。

15年、10年スパンでの、再会が3つもあった、いい日。

130807__2

                   ****

高岡からの帰り道、ラジオをつけた途端の緊急地震速報。携帯もいつもと違う声をあげてる。
奈良、近畿、東海、北陸、、、とラジオがいい、車を運転している人は安全なところに車をとめて、ともいうので、びびりながら車をひろい駐車場にいれてしばらく様子をみる。夫に電話をする。

後から、誤報とわかったのだけど、私にしたら、いっとき、緊張と不安の模擬体験させてもらえてよかったよ。本物の時には、はじめてだったらきっともっとあわてまくるだろうから。

|

« 原発の現状 | トップページ | AKIRA LIVE〜あなたのままでだいじょうぶ »