« 里山資本主義のひと | トップページ | オーロラの映像を観にいきませんか »

2013年9月27日 (金)

さよなら、志賀原発パレード

日本中の原発50基が、9月15日からふたたび全部止まってる。
石川の志賀原発も止まってる。

柏崎原発を一日も早く動かしたい東電社長と、簡単にそうはさせまいとする新潟県知事のやり取り。東京電力は安全と経済、どっちが大事なのか、と社長に迫る知事。

「事故発生から2時間でメルトダウンがありうる。2時間でどう避難するんでしょう、中越沖地震の時は、道路に段差ができ、一斉避難で車が渋滞したんですよ」と指摘。

メディアで見るたび、石川県の知事は、はたしてあのように北電社長に迫るだろうか、っていつも思う。

しかしーー
東電社長との会談の翌日9月26日、新潟県知事は、柏崎刈羽原発6、7号機をめぐり東電が原子力規制委員会に提出する安全審査申請を条件付きで容認することを明らかにした。

その条件付き容認のコメントが、新潟県のHPに、このようにのってる。
        ↓
「昨日の東京電力廣瀬社長との会談において、フィルタベントが稼働する状況下では、避難中の住民が健康に影響のある被ばくをする危険があることが確認されました。
 また、「新規制基準をクリアしただけでは住民の安全を確保できず、自治体との協議が必要」という点も共通の認識となりました。
 加えて、残念なことですが、東京電力は、フィルタベント以外の設備についても、田中原子力規制委員会委員長が「最低限の基準」と指摘する新規制基準をクリアできるか自信が持てていない状況にあります。
 柏崎刈羽原子力発電所は、停止していても生きている施設であり、安全確保が必要です。事業者が現状に対しても安全確保に自信を持てず第三者の目を入れたいという状況を放置することは、地元にとっても望ましくありません。
 フィルタベントの性能が十分なのか、避難計画と整合性が取れるのか等については、県技術委員会の場でも検討する必要があると考えていますが、それ以外の設備等については、規制基準適合審査によって、第三者(原子力規制委員会)の確認を求めることは容認したいと思います。
 以上により、条件付きの承認を行うこととしました。」

               ********

金沢では、9月28日(って、ごめん、もう明日だ!)
「廃炉しかない!さよなら!志賀原発」集会が、
犀川河川敷 (犀川大橋上流 片町側)で。

1:00からプレイベント、唄、踊り、いいたいことのリレートーク。
2:00から集会。その中で、福井の小浜からみえる中嶌哲演さんも、15分ほどお話。
3:00からパレード。

コース: 河川敷犀川大橋下より階段登り、大橋たもとより出発→片町交差点→香
林坊→北国新聞社前から左折し金沢市文化 ホール方向で流れ解散

第1グループ 横断膜 市民グループ 県外からの参加者
第2グループ 宣伝カー先頭 横断膜 平和センター関係の団体。

主催:さよなら!志賀原発ネットワーク
お問い合わせ:076-233-2170 (石川県平和運動センター)076-241-9068(林)

                ******

私は前から予定がはいっていて、参加できず。まあさんは参加。

|

« 里山資本主義のひと | トップページ | オーロラの映像を観にいきませんか »