« 別院通りの魚菜屋さんあらため、東木さん | トップページ | 絆の家さんあての、ラブレター »

2013年9月18日 (水)

因島と伯方島へ出前紅茶

家族旅行でもうひとつ、大事な場所があった。因島。

いつも私の出前一人旅で何度もうかがってる瀬戸内海の島々。そこに住むすてきなひとたちと何度も逢ってきた。

111210_ ひらいてくれたお食事会の場が、もとは宣教師館だったという古いペンションで、きっといつか家族でここに泊まろう、そして島で出逢ったひとたちにも逢ってもらおう、と思ってた。
そして実現した、おととし12月の因島への旅。

3年前の9月に島によんでもらった時、主催者の友人という人が、見ず知らずの私のお宿をしてくださった。翌日の出前にはご夫婦で参加。

それから約半月後の紅茶shoppeにとつぜんあらわれたのが、その時のきもちのいいお宿をしてくれた因島の今井さんだった。

一人で車を運転して津幡まで!と、その日のshoppeに来た仲間たちも私も驚愕して、そして今井さんの、大胆な行動力と、それと背中合わせのようなはにかみとは、以来、私の心に、そしてみんなの心にも、強く残ってる。

                ******

明日から、その因島と近くの島へ、3つの出前旅。
3場所をつなげてくれたのが、いんのしまいさんこと、今井さん。

島の保護者会事務所が1周年をむかえる記念の、出前紅茶。
いんのしまいさんとつながる、これまで因島や尾道や生口島に私をよんでくれた人たちとの、紅茶の時間。
愛媛県伯方島の、みみさんたちの女性塾での、紅茶の時間。

毎年紅茶にみみみかんを送ってくれるみみさんとは、もう38年来のおつきあい。
人形劇団をつくって、すてきな活動をしてる彼女。
ふるさとの伯方島にもどってからは遠くてもう逢えないだろうと互いに思っていたけど、ずいぶん前に女性塾に出前でよんでくれて、3年前に尾道の人がよんでくれた時にも、日を設けてまた伯方島で。

みみさんたちの会も、因島つながりのグループも、どちらもオープンにひとを受け入れてくれるので、いつのまに島と島がつながって、人のいったりきたりもはじまり。

この3、4年間で、こっち方面にうかがうのはもう7度目です。
紅茶の種を島に蒔いてくれた人たちがたくさんいるおかげだなあ、とほんとに感謝。

         *****

というわけで、明日19日から県外です。
おといあわせなど、因島の今井さんまで。tel:0845−24−0546
戻るのは22日日曜の夜。その間はメールのお返事できませんこと、お許しを。

写真は、台風一過、西の窓にさしこむ夕陽。

Photo


|

« 別院通りの魚菜屋さんあらため、東木さん | トップページ | 絆の家さんあての、ラブレター »