« さよなら、志賀原発パレード | トップページ | いのみら98号でました »

2013年9月28日 (土)

オーロラの映像を観にいきませんか

130918_ 27日付け北陸中日新聞にも大きく紹介されてたけど、
オーロラの映像上映&トークの会が、10月に能登町柳田の満天星と、かほくの西田幾多郎哲学館にて。

オーロラをずっと撮影し続けている中垣哲也さん、6年前までは、札幌医大病院の診療放射線技師さんだったそうだ。

今は、オーロラメッセンジャーへと転身。
特殊なカメラで撮った画像を動画に編集して上映し、オーロラや極北の自然をとおして、「奇跡ともいえる地球のすばらしさを伝えたい」と、全国で上映とトークの活動をしているひと。

10月12日(土)は、2:30〜と、6:00〜
@柳田・星の観察館の満天星。
参加費 前売り800円
問いあわせは、岡本さん tel:090−9763−5504

10月14日(月・祝)は、12:30〜と、3:00〜
@かほくの西田幾太郎記念哲学館
参加費 前売り500円(当日700円)
問い合わせは、かほく市国際交流協会 tel:090−6270−8100

                ****

因島にいく直前の、9月18日のふつう紅茶に、中垣さんのオーロラの本と上映会のちらしを持ってはじめてみえたのが、哲学館での上映&トークを主催するグループの一人、かほくの中田さん。

4年前の初上映@哲学館で、オーロラの美しさに感動して、中垣さんの来県にあわせて、今回、再上映することになったそうだ。

130918_

オーロラの写真集を見せてもらいながら、うわあ、、、きれいだねえ、すごいねえ、神秘的だねえ、、、と感嘆の声をあげていたら、その日はじめて紅茶にきた若いひとが、「あ、それ、私、前に見ました!哲学館で!」と声をあげたもんだから、中田さんも私たちも、じぇじぇじぇじぇじぇ〜!

紅茶は、ふしぎなシンクロがよく起きる場所で、ってよくいうけど、この日もまさに。
オーロラそのものも、不思議wonderがいっぱいfulだけど、出逢いにもやっぱり、ふしぎがいっぱいだね。

                 ******

中田さんたちは、このオーロラ上映会を福島でもひらけたら、って考えてるとのこと。県内の2会場ではそのための募金をつのるようですよ。

哲学館での上映会きっぷ、紅茶であずかってます。
きっぷがなくても、事前にかほく市国際交流協会に電話しておけば、前売りのお値段でみれるとのこと。

私たちも夫婦で哲学館に観にいくつもり、カレンダーにしるしをつけたよ。
オーロラを観たくてアラスカに行ったって、そうそう観れるものじゃないのでね。

|

« さよなら、志賀原発パレード | トップページ | いのみら98号でました »