« 滋賀へ | トップページ | cafe muroさんのブログから »

2013年9月10日 (火)

under control

「東京は、世界で最も安全な都市の一つです。それは今でも、そして2020年でも同じです」

「懸念を持っていらっしゃる方もいるかもしれません、福島第一原発について。
 私は、みなさんにお約束します。 状況はコントロールされております」

「(漏れた汚染水は)福島第一原発の港湾内の0.3平方km範囲内の中で、完全にブロックされています」

「わが国の、食品や水の安全基準は、世界でも最も厳しい基準であります。
 食品や水からの被ばく量は、日本どの地域においても、この基準の100分の1でありま   す」

「健康問題については、今までも、現在も、そして将来も、全く問題はないということをお約 束いたします」

                *****

嘘つき!と、おもわずテレビにむかって叫んでた。
安倍首相による、東京オリンピック招致のプレゼン。

こんなにも福島の人たちのきもちを踏みにじって平気でいられる人が、この国のリーダーなんだ。

国際公約したのだから、これで汚染水問題が本当に解決する、と本気で思う人、いるのだろうか。

2020年のオリンピックがどこになるか決まる前から、「これだけ離れている東京は、安全です」などと、ひどい言われ方をされてたけど、それにくわえて首相のこの言葉。

過去は気にしないで、明るく、前向きに!の大合唱が聴こえてきそうで、そらおそろしい。
大多数の人のきもちまで、これでunder controlされたと思ったら、大間違いだよ。

                    *****

それに追い打ちをかけるように、福島原発告訴団が刑事告発していた全員、不起訴となった。
誰も、責任をとらない。それでいいの?いいわけないでしょう。
                ↓

『東電幹部、菅元首相ら全員不起訴 原発事故、巨大津波の予測困難』

 東京新聞(共同配信) 2013年9月9日

 東京電力福島第1原発事故を招いたとして、業務上過失致死傷容疑などで刑事
告訴・告発された勝俣恒久前東電会長(73)や菅直人元首相(66)ら約40
人について、東京地検は9日、全員を不起訴処分とした。巨大津波による事故を
具体的に予測できたとはいえず、事故後の対応にも刑事責任を問えるほどの過失
はなかったと判断した。

 告発側は不起訴を不服として検察審査会に審査を申し立てる。

 告訴・告発していたのは、福島県民ら約1万4700人による「福島原発告訴
団」など。

|

« 滋賀へ | トップページ | cafe muroさんのブログから »