« まいまいさんにて夜の紅茶 | トップページ | 岩手のおおはざまへ »

2013年10月23日 (水)

藤里町で

19日は、青森との県境にあって、白神山地の町、藤里町へ。
今回よんでくださった国保連の担当の方が車で迎えに来てくださって、朝早く秋田を出発。

去年12月の、能代での出前紅茶を聴いてくださったどなたかのお声があって、それが今回の出前につながったことを車のなかで知る。その能代は藤里のとなりまち。

藤里町はちいさな町ながら、NPOこみっとという福祉の拠点や、心といのちを考える会がしてる週一回午後だけひらくカフェ、障がいを持つひとたちの支援施設・虹のいえが、それぞれすばらしい活動をしてることなど、車のなかで教えていただく。

藤里町での私のおはなし会は、ごくこじんまりと。
ちょうど、こみっとや虹のいえのおまつりの日と重なってることもあって。

昨日のまいまいこれくしょんさんにもきてくれてた、角館のMさんや青森のtodayさん、そしてtodayさんのお兄さんも青森から参加。

紅茶の話、ほめ言葉のシャワーのこと、そしてワーク。
時間がたっぷりあったので、最後の単語な感想もおひとりひとりからお聴きする。

             *****

終わってから案内していただいたのが、町のひとたちで大にぎわいの、こみっと収穫祭。

さっきのおはなし会に参加してた方たちの何人かと、またここで再会。

そのおまつりの会場で、スウさん!?と声をかけられた。去年の能代の会に来てたという方と、びっくりの再会。このIさん、こみっととも、虹のいえともつながってる方でした。

こみっとさんは、ひきこもりの人たちの就労支援もしてるところで、メンバーさんたちのつくったうどんも、そばも、そして藤里名物の舞茸と比内地鶏いりの「白神まいたけキッシュ」などなど、次から次へとごちそうになる。

午前のおはなし会にも来てくださってた副町長さんから収穫祭チケットをいただき、そのきっぷでなんでも食べ放題。

きわめつけは、秋田では知らない人のないという、ババヘラアイス!

ばば?へら?
ばば(おばあさん)が、ヘラでアイスをすくいとってバラの花びらのようにきれいに盛ってコーンにいれて出すアイスのことを、略してババヘラ、っていうんだって!

131019_

本来は車のいきかう道ばたに、おばあさんのアイスのお店が出現するそうだけど、この日は、こみっとのお祭りのために出してるので、この方は、ババではありません、念のため。

          ******

こみっとさんの次に案内していただいたのが、三世代交流館の一階にある、「よってたもれ」という週いち火曜日午後のカフェ。週いち、というところは紅茶とおんなじだね、この日は土曜なのでおやすみだけど。

カウンターと椅子席のあるこのコーヒーサロンは、10年前から。自殺予防のための啓発活動もしている心といのちを考える会が、地域「つながり」を再生するための活動、としてひらいてる場所。131019_

そのパンフレットに、
「今、私たちに必要なのは、“安心して悩める”社会や地域ではないでしょうか」とありました。

                ******

次に行ったところが、障がいのある人たちを支援してる施設、虹のいえ。ここでも同じくまつりの日でおおにぎわい。

虹のいえのメンバーさんたちによるお台所グッズ演奏会(フライパンやおたまや鍋のふたのシンバルを鳴らして)、今さっき、こみっと収穫祭で踊ってたゲストたちによる、ソーラン節やヨサコイ、などなど。

この虹のいえでもまたまた、さっき会ったばかりの能代のIさんと再会。そうか、能代にいて、虹のいえのお仕事してる方だったんだ。その他にも、あらまた、と再々会の方たちもいらして。

午前のおはなし会に聞きにきてくださってた虹のいえの理事長さんは、お寺のお坊さん。そして心といのちを考える会の代表もされてる。

というわけで、藤里町でのおはなし会→こみっと収穫祭→よってたもれ→虹のいえ祭、と巡る中で、ひととひとが、ぐるぐるぐる、、、とつながってく、まわってく。
誰かをひとりぼっちにさせないための様々な活動が、この町ではからまりあってる。

その案内人をしてくれたのが、今回の主催者でもある秋田県国保連、その事業企画課の0さん。

行き帰りの道、あわせて3時間あまりのドライブ。

行きにはOさんが藤里町のとりくみを私に教えてくださって、帰り道は私が藤里町で感じたことを話して、Oさんといっしょにゆっくりと今日の日のふりかえりもしながら、秋田にもどってきました。藤里町からおみやげにいただいた、町特産の舞茸の箱とともに。

|

« まいまいさんにて夜の紅茶 | トップページ | 岩手のおおはざまへ »