« ことばを感じる・ことばを紡ぐ | トップページ | 年末年始の紅茶のこと »

2013年12月18日 (水)

あなたのBEが一番すてき

110227_ 12月15日、金沢のうみ未来図書館での出前紅茶。

主催のポコアポコさんが、絵本とリズムの会でいつも使っているひろいホールで、床にすわって輪になって。

半地下のようなガラスばりのお部屋は、ふしぎな雰囲気のある空間だった。
それぞれちいさなおざぶとんを敷いて輪になってすわったら、みんなの顔がみえて、こっぽりとおちつく。
この日はどなたでも、という呼びかけだったので、お年もお仕事も、さまざまなひとたちが集まってくださった。

出前紅茶で、対象の層が定まらないときは、どういう話をしたらいいか、ふたをあけるまでわからない時もある。この日もそうで、だからレジメは特に用意していかなかった。

でも前日に、穴水の保育園と北陸学院大でコンパクトにお話できたばかり、ということもあったんだろう、私の中で、伝えたい言葉のいいリズムが循環してる感じで、1時間半の時間内で、話して、ワークショップして、歌って、がより自然にできたように思う。

この日はとくに、BEの話を中心に。

みなさんが出してくれたご自分への贈りものの言葉ーーこの一年の自分をふりかえっての、または、せいいっぱい生きてきた自分の人生への、贈りものの言葉は、どれもとってもこころにしみる、なにげないいい言葉ばかりだった。

                   *******

参加してたお一人が、お配りした折り紙に書いてくださった文章。
それはご自分への贈りものの言葉、ではなかったけど、その方が書いてくださったことこそ、いつもいつも、私が伝えたい、と思ってることそのものだった。

ああ、ちゃんと届いているんだ、大切なことが、、!

そのカードを読みながら(それもたまたま、私が読む役にあたった、というシンクロもあり)、本当にうれしくなった。

110327_ こんな文章でした。
   ↓
「あらためて聞かれると、本当に思いつかなかったのですが、
 今まで大好きだった人や、今も大好きな人たち、
 なぜ好きなんだろうと考えたら、
 やっぱり自分の存在を気にかけてくれた人たちなんだな、
 って気がつきました。

 そしてその人たちの何気ない温かい言葉が
 私を支えてくれていたんだな、と、
 今日はじめて、気がつきました」

|

« ことばを感じる・ことばを紡ぐ | トップページ | 年末年始の紅茶のこと »