« 守るべき大切なものとして。 | トップページ | みんなでつくる宝箱 »

2013年12月29日 (日)

13条のうたの、不思議なひろがり

131219_ 雨がふった朝、そのしずくが、木の枝にとまっている。宝石みたいに美しくて、もっとはかない。

  ********

憲法13条のうた「ほかの誰とも」。
11月1日に出来上がってきて以来の2ヶ月間に、とてもふしぎなひろがり。

この歌を歌いたい、という方が、すでに10人くらい(個人だったり、グループだったり)。

宮崎センター合唱団は、コンサートで歌いたいので楽譜を、と。
コーラスをやっているので、歌えたらいいな、楽譜があればわけていただけませんか、と。
私の憧れの金沢のシャンソン歌手さんからは、歌わせていただいてよろしいですか、と。

                 *******

コーラスをなさっているという方は、ご自分のがんとつきあいながら、患者さん同士、一人のひととして語れる場を、とおうちをひらき始めた方だった。

がんになって自分はこれからどう生きよう、と考えた時にこの方がたどりついた答え。

「私は精一杯自分の人生を楽しもう、私が幸せな人生を生きよう、そう心にきめて、今、とても幸せなんです」と。

この方と私が、どうしてつながったかというとーー

彼女が、看護学部の学生さんに「患者の生活サポートサービス」ということでお話する時、
「みんな幸せになってね、しあわせにならなくちゃいけないよ。
 幸せになるためにどうしたらいいのか、何が必要なのか、考えよう、って話すのよ」

といった彼女に大切なおともだちが、「憲法13条だね、それって」といって、鞄の中からあのCDを差し出してくれたのだそうだ。

彼女からの初メールにはこう書かれていた。

        ↓

歌詞を見て、「そのとおり」だと思いました。

みんな幸せにならなければいけません。
幸せになるために、どう生き、どう死を迎えるか。

がんは、幸せな病気です。

がんは、幸せな病気です。
8年たって、本当にそう思うこの頃です。
「生きること」と「死ぬこと」をこんなに考える時間があるのですから。

CDを1枚送っていただけませんか?

          ******131101_

憲法からじかに、でなくて、この方のように歌詞から入って来てくださる方、

「♪あなたが大切にされ、私も大切にされ、それが行ったり来たり」という歌詞から、ひととひとの関係がこうであってほしい、こうありたい、と感じてくださった方、

「13条にこんなすてきなことが書いてあったなんてまったく知りませんでした」という方、

「♪誰かが、きっと誰かがきっと見ている。あなたが誠実に今日の日を重ねて生きてきたこと」の歌詞に、そうそう、ほんとにそう、とちからをもらったという方、などなど。

聴き方も、受けとめ方も、ひとそれぞれ。
CDが旅立っていって、どこかの誰かの胸におちつき、聴かれているうたを、しあわせな歌だなあ、って思っています。

拡げてくださっている方たち、ありがとう。

         ******

「がんは、幸せな病気です」と書かれた先の方は、ご自分のブログで、すでにこんなふうに「ほかの誰とも」のこと、紹介してくださってた。

http://laugh-sensyu.at.webry.info/201312/article_10.html

ひらがなで「らふ」というその茶話会の場は、英語ではlaugh、笑う、だったんですね。


|

« 守るべき大切なものとして。 | トップページ | みんなでつくる宝箱 »